どういうこと!?DDTプロレスの男子レスラー2次元美少女化決定

写真拡大 (全5枚)

 ソーシャルゲーム事業などを展開するサクセスの『リング☆ドリーム〜女子プロレス大戦〜』と、プロレス団体DDTプロレスリングのコラボレーションが1月26日、東京・後楽園ホールにて開催された「Sweet Dreams! 2014」で発表された。

【関連:萌えカーナビ『霧島レイ』(CV:沢城みゆき)とデートしてみた結果→「好き」って言われたw】

 今回のコラボレーションではDDT所属の男子レスラー達をどうしたことか“美少女キャラクター化”し、2014年2月から約1年にわたってゲーム内に順次投入するという。

 美少女化が決定しているのは、第1弾で高木 三四郎(たかぎ さんしろう)選手、中澤 マイケル(なかざわ まいける)選手、アントーニオ 本多(あんとーにお ほんだ)選手の3名。いずれも実物は屈強なレスラー達。
 なお、美少女化した選手のイラストを使用したコラボレーション限定グッズの販売も決定している。

 ゲームでの実装日程やグッズの販売方法など、本コラボレーションに関する詳細は2014年2月以降に追って特設サイトで発表される。



参考・引用
リング☆ドリーム〜女子プロレス大戦〜 公式サイト