東京マラソン2014まで、あと「28日」!
市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。東京マラソン2014まで、残り1ヵ月を切りました! 走る準備はもちろん、体調の管理にも気を遣うようにしています。ただ、どんなに気を遣っていても、体調がすぐれずに大会当日を迎えたり、緊張しすぎて身体の変化に気がつかないこともあります。過去の東京マラソンでは、なんと今まで7人のランナーの方が走っている最中に心肺停止状態になったそうです。そんなときに手助けとなったのが、市民ランナーや周囲の方のサポート! そう、救急救命です。今回のテーマは、「RUN×救急救命」。走る私たちも、応援してくれる人も、みんなが知っておきたい救急救命の心構えを学んできましたよ!

☆いつ、誰に起こるか分からない、身近な危険

 実は昨年の東京マラソン2013で、私は実際に倒れている男性を目撃したのです。すでに救護の方が取り囲んでいて、AED(※)も近くに用意されていました。倒れていたのは若そうな男性で、その時、「大丈夫かな」と不安になったのと同時に、「倒れることって本当にあるんだ!」と思いました。それまで私は、まさか自分が倒れるなんて、さらには心肺停止になるなんて、思ってもみなかったのです。

※AED=突然、正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して電気ショックを行ない、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器。

 マラソン大会に出場すると、自分自身も、周りで一緒に走っているランナーも元気そうなので、それが当たり前だと思っていました。しかし、1万人規模のマラソン大会なら、1〜2人のランナーが心肺停止の状態に陥る可能性があるのだそうです。これって知らないですよね。私はまったく知りませんでした。しかも、準備や練習をしてないから倒れるのではなく、スポーツをする限りはどんな人にもリスクがあるのだそうです。周りのランナーがいきなり倒れたら、私はどうすればよいのか......。何をして、誰を呼べばいいのか、はっきりと分からないのが本音です。走るフリーアナウンサーとして、危機管理の意識が低かったことを反省しました。やはり、これからも走る続ける以上、応急手当について改めて勉強しておく必要があります!

 というわけで私は、1月19日、東京ビッグサイトで行なわれた普通救命講習会にやってきました。参加した人数は、なんと1500名! これだけ大規模で普通救命講習会をするのは、世界でも珍しいんだそうです。さっそく私は、応急手当指導員の方に教わりながら、心停止の際の胸骨圧迫と、AEDの使い方をみっちりと勉強しました。普通救命の方法は、実際にやってみると、とっても分かりやすいステップでした。声掛け・確認→指示→胸骨圧迫→AED(詳しくは総務省消防庁ホームページを参照)と、あわてず行なえば難しいことではありませんでした。

☆プロレスラー・蝶野正洋さんからのアドバイス!

 今回の講習会には、プロレスラーの蝶野正洋さんがゲストで来ていました。というのも蝶野さんは、レスラー仲間(三沢光晴)が不慮の事故で試合中に心肺停止となり、亡くしてしまったことがキッカケとなって、こういったスポーツの現場での救急救命の啓発活動をされているのだそうです。そんな話を聞いて、ますます危機管理の意識が高まった私は、市民ランナーとして蝶野さんからメッセージをいただきました。

 まずは、市民ランナーが陥りやすい心身の注意点。市民ランナーの私たちは、「限界まで頑張りたい!」という気持ちが強すぎて、限界点がどこか知らないまま頑張りすぎて倒れてしまう危険があるということです。確かにそうですね。頻繁にフルマラソンを走っているわけではなく、さらに東京マラソンに参加できるとなれば、どうしても頑張ってしまいがちです。蝶野さんは、「疲れたときは休む、走ることをストップする勇気も必要」とおっしゃってくれました。

 次にアドバイスをいただいたのは、自分の周りでランナーが倒れたケース。講習会で勉強したものの、近くでランナーが倒れたとき、パニックにならないかという質問についてです。蝶野さんは、「難しいことを考えず、まずは倒れている人に寄り添い、周囲の人たちにも声をかけること」とおっしゃっていました。周囲の人に声をかけることで、人が人を呼んで救命につながるとのことでした。

 そして、講習会の最後、応急手当指導員の方からとっても心に残る言葉をいただきました。アメリカのある州では、「善意で行なった応急手当による過失は罪に問われない」という法律があると話してくれたのです。医療に詳しくない私たちはつい、「私の処置で本当に大丈夫かな......」と不安になり、救命活動を躊躇(ちゅうちょ)する気持ちが浮かんできます。しかし、何もしなければ、さらに容態は悪化し、最悪の事態も起こりえるのです。倒れたランナーに気づいたときは、臆することなく、私にできることをしようと決めました。講習会で学んだことを胸に、東京マラソン2014を走りたいと思います!

【今週のRUN日記】

1月18日(土) 12キロ @新宿都庁→内幸町
1月19日(日) 12キロ @新宿都庁→内幸町
1月20日(月) 休足日
1月21日(火) 6キロ @港区→渋谷
1月22日(水) 休足日
1月23日(木) 休足日
1月24日(金) 12キロ @目黒

 今週の走行距離は42キロ。週末はランニングイベントで、東京マラソンと同じコースを走りました。晴天の中、参加者を案内しながら、新宿→皇居→日比谷と走りましたよ。参加ランナーの方から、「中島さんは東京マラソンのコースを完全に記憶しているんですね〜」と感心されました(笑)。確かに、交差点の名前や、橋の名前までいつの間にか覚えていました。東京の街を知る、好きになるという意味でも、東京マラソンは私に大きな力を与えてくれています!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。FMカオン(84.2MHz)パーソナリティ(月曜日担当)。TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」のコーナー『現場にアタック』キャスター(隔週火曜・毎週木曜)。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya