8人もの世界チャンピオンを擁し、華々しく新しい年を迎えた日本のボクシング界。だが一方、亀田大毅の「IBF王座問題」も、解決しないまま越年してしまった。WBA王者リボリオ・ソリス(ベネズエラ)とのスーパーフライ級王座統一戦で、体重超過のソリスに判定負けを喫しながらも大毅が王座に留まったという一件である。遠からず決着をみそうな気配だが、そもそも、問題の大元(おおもと)がソリスの体重オーバーにあることを、私たちは忘れてはなるまい。

 近年、このような減量失敗というケースは、ソリスだけではない。タイトルマッチであるにもかかわらず、規定体重をつくれずに王座を剥奪されるチャンピオンが決して少なくないのである。また、苦労して世界戦という大舞台に辿り着いたのに、計量で失格となる挑戦者もいる。昨年4月以降の約8ヵ月間だけでも、計7人が失態を演じているのである。

 そもそも、亀田大毅が昨年9月の決定戦を経て手に入れたIBFのスーパーフライ級王座も、前王者が防衛戦で体重オーバーとなり、剥奪されたものだった。減量失敗の多くは、試合直前の減量期に体調を崩して体重を落とし切れなかった場合がほとんど。しかし、なかには前日計量で3.7キロもオーバーした不届き者もいた。こうなると、減量失敗というレベルではない。体重制の根幹を揺さぶる重罪と断じてもいい。彼らが世界王座の価値を著しく貶(おとし)めているのは明白だ。

 また、周囲が苦労してチャンスを作ったにもかかわらず、挑戦者が規定体重を守れなかったケースも、信じがたい愚行といえる。昨年10月、スーパーミドル級王座に挑戦するはずだったエドウィン・ロドリゲス(ドミニカ共和国/アメリカ)は計量で失格したうえ、報酬の10分の1に相当する10万ドル(約1050万円)の罰金を払ってリングに上がったが、大差の判定負けを喫した。「彼にはプロとしての自覚がない。失望した」と自陣スタッフまで呆れていたが、これはそのままファンの声といってもいいだろう。

 計量失敗者たちが後を絶たないのは、ロドリゲスのように罰金によってミスが精算されてしまうこととも無関係ではなさそうだ。昨年6月、次世代スター候補のミゲル・アンヘル・ガルシア(アメリカ)も計量で失格してWBOフェザー級王座を失ったが、15万ドル(約1575万円)の罰金を払って試合に臨み、KO勝ちを収めている。その試合後、ガルシアは1階級上のスーパーフェザー級で1位にランクされ、5ヵ月後の次戦で2階級制覇を成し遂げている。こうした闇雲(やみくも)に突っ走るスター優遇措置が、ファンの失望と王座の価値下落に拍車をかけているともいえる。計量失格者については、罰金はもちろんのこと、期限つきの出場停止など厳しい処分こそ、必要かつ有効なのではないだろうか。意図的に体重オーバーで試合に臨んだ選手には、ライセンス没収ぐらいの強い姿勢で臨むべきである。

 このような世界で嘆かわしい傾向がある一方、日本にも注視すべき問題がある。それは、せっかく獲得した世界王座を返上するケースが後を絶たないことだ。その風潮も、世界タイトルの価値そのものを大きく下落させている要因といえる。

 1952年に白井義男が日本に初の世界王座をもたらしてから62年――。日本のジム所属の世界チャンピオンは74人(男子)を数えるまでになった。これはアメリカ、メキシコ、イギリスに次ぐ数である。日本は世界に誇るボクシング大国のひとつといってもいいだろう。

 こうしたなか、ここ13年間で集中して起こっているデータがある。それは、世界王座を返上する日本人世界チャンピオンが一気に増えたことだ。白井氏の戴冠から2000年までの48年間に誕生した世界王者は約40人いるが、世界王座を返上した例は皆無だった。辰吉丈一郎がWBCバンタム級の暫定王座を返上した例はあるものの、これは網膜剥離のために試合ができる状態ではなかったからだ(のちに国内ルールの一部が改正された際、WBCは辰吉に暫定王座を返還している)。世界王座はボクサーにとって「最強の証」であると同時に、ビジネス面からみれば、「利権」そのものともいえる。つまり、王座返上はビジネスの機会を自ら放棄するに等しい行為といえる。

 ところが、21世紀に入ってからの13年間で、実に8例もの王座返上が記録されているのである。徳山昌守(WBCスーパーフライ級)、新井田豊(WBAミニマム級)、亀田興毅(WBAライトフライ級、WBAバンタム級)、ホルヘ・リナレス(WBCフェザー級)、亀田大毅(WBAフライ級)、井岡一翔(WBA、WBCミニマム級)、そして昨年末には、宮崎亮がWBAのミニマム級王座を返上したばかりだ。

 王座返上の理由は、ふたつに大別される。モチベーションの低下や達成感からベルトを返上した例(徳山、新井田)と、前後の階級への転向を前提に王座を返上した例(亀田興、リナレス、亀田大、井岡、宮崎)だ。後者に関しては、次のチャンスが統括団体から優遇的に用意されることが多いため、選手はひとつの王座に固執せずに済むというプラスの事情があることも付記しておきたい。つまり、ビジネスチャンスは失われないのである。

 ただ、理由がなんであれ、猛烈に欲しがっていた玩具に飽き、遊んだあとであっさりと放棄してしまう子どもの姿と重なって見えるのは、私だけだろうか。結果として、選手はもちろんのこと、関係者やファンの基準においてベルトの価値が目減りして軽量化していることは疑いようがない。世界チャンピオンたる者、その技量が秀でたものであることは当然で、加えて権威と価値を損なわないように最大限の努力をすべきだ。そのうえで、チャンピオンは次の世代にリングの上でバトンを受け渡す義務も負っていると筆者は考える。仮に王座返上、転級の道を選択するとしても、「勝ち逃げ」ではなく、そのクラスでの最強を証明してからでないと、「誰が一番強いのか」を知りたいファンに対しても失礼だ。

 たとえば、選手の転級に際し、「少なくとも半年か1年は世界戦の機会が得られない」とルールで定められていたらどうだろう。王者とその周辺は、今よりも熟考する必要に迫られるのではないだろうか。ベルト返上を思いとどませる堰(せき)になる可能性は十分にあるはずだ。

 主要団体が4つ(※)に増え、階級もミニマム級、スーパーフライ級、スーパーミドル級、クルーザー級の4クラスが増えて17階級時代に入ったのは、1980年代のことだった。それから30有余年――、量の増加が質の低下を招いたことは否めない。前述のように、いくつかの改革案は浮かぶものの、決定的な一打になるかも不明だ。結局のところ、ボクシングの将来は、選手や関係者の良識と、プロ意識に委ねるしかないのだろう。そんな現状が、なんとも歯がゆい......。

※主要団体とは、WBC(世界ボクシング評議会)、WBA(世界ボクシング協会)、WBO(世界ボクシング機構)、IBF(国際ボクシング連盟)の4つ。

原功●文 text by Hara Isao