<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」終了時点でのFedExCupポイントランキングが発表され、今季初優勝を挙げたスコット・スターリングス(米国)が前週の166位から10位にジャンプアップした。
 石川遼はこの大会で7位タイに入り、85ポイントを獲得。前週の19位から4つ順位を上げ14位に浮上。石川の獲得ポイントは計425ポイント、自身が目標としている450ポイントに大きく前進し、来季のシード権はほぼ当確となった。
 同大会16位タイでフィニッシュした松山英樹も5つ順位を上げて44位に順位を上げた。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,233pt)
2位:クリス・カーク(931pt)
3位:ハリス・イングリッシュ(896pt)
4位:ザック・ジョンソン(810pt)
5位:ウェブ・シンプソン(795pt)
6位:ライアン・ムーア(714pt)
7位:ダスティン・ジョンソン(639pt)
8位:ブライアン・スチュワード(613pt)
9位:パトリック・リード(583pt)
10位:スコット・スターリングス(530pt)
14位:石川遼(425pt)
44位:松山英樹(231pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ドライバー進化の弊害?ウェッジのミスが増えていませんか?
人気プロの秘蔵フォト満載!「写真館」
最新のギア情報&試打レポートをチェック