安めぐみ

写真拡大 (全5枚)

タレントの安めぐみが26日、都内で行われた福島県産米「ふくしま米」のPRイベントにゲスト出演した。

「パンも美味しいけど、私は、朝晩ごはんです。元気が出るんです」とごはん派であることを示した。

2011年に東貴博と結婚。「主婦になって3年目。料理の腕は、まだまだです」と恐縮しながら「主人は、土鍋で炊く“トマトごはん”が好きなんです」と好物の一つを紹介した。

「鶏がらスープで浸した土鍋に、トマトをパラパラ入れて、少量のバターも落として炊き上げます。そして、食べる前には、好みでブラックペッパーをかけます」

会場からの反応を感じ取ると「ちょっと洋風に。オシャレに食べています」と自らを持ち上げ、大きく笑っていた。

今回のイベントでは、福島県知事によるトップセールスもあった。原子力災害に伴う風評払拭を図っている体制を説明。「全量全袋検査」のミニチュア模型を使って、安全性の高さをアピールした。

「今年も1100万俵という全てのお米、全量全袋検査を行っています。安全を確認してから送り出しているので、理解して欲しい」と来場者に求めていた。

▼ (左から)福島県の佐藤雄平知事、安めぐみ、JAグループ福島の庄條徳一会長