テクニカル分析でやってもFXで勝てない!
MACDやストキャスティクスといったテクニカル分析を使ってもFXで勝てないという方は多いのではないでしょうか。教えて!gooにはこんな質問が寄せられました。

FX取引

相談者は、最近FXを始めました。一目均衡表・MACD・ストキャスティクスといったテクニカルを使っていても、買えば下がり、売れば上がりで上手く勝てません。そこで、売買のタイミングや考え方について相談しています。

■テクニカル分析を極める

「移動平均線・MACD・ストキャスティクスの各線、一目均衡表の転換線と基準線などが、ゴールデンクロス(一目では好転)して買い、デッドクロス(同・逆転)して売り、と通常は言われています。しかし、その通りやっても現実には上手くいかないのです。原因は、上げ相場と下げ相場の性質の違いです」(torekateさん)

上昇相場と下落相場では性質が異なるため、同じ手法は通用しないという意見です。相場によって手法を変えることが必要になってくるのかもしれません。

他にも「移動平均線・ストキャスティクス・MACDは、相場はたとえば『上げて行って下げに転換して、更に下げ、上げに転換して更に上げて』と上げ下げを繰り返しながら動きますが、この転換点を知ることができます。複数の地点でこれを観察し同じ方向を向いた時にエントリーします」(kazu632501さん)というコメントもあります。

複数のテクニカル指標を使い、それぞれのサインが合致したらエントリーするという慎重な方法です。

この方法なら、ひとつのテクニカル指標だけに頼るだけよりも、ダマシに合う確率が減りそうです。

■ファンダメンタルズ分析も大切

一方、satoru-papaさんは「私はどちらかというと経済指標を見ます。日経ネットなど活用してください。情報は少し遅くなりますが日経新聞もいいですよ。テクニカルと合わせて勉強してください」とコメントしています。

ファンダメンタルズ分析が役に立つという意見です。テクニカルとファンダメンタルズ、どちらのメリットも取り入れながらトレードすると上手くいきそうです。

複数のテクニカル指標を使いこなし、ファンダメンタルズも考慮すること。合わせ技でFX相場に臨んでみてはどうでしょうか。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)