<ファーマーズ・インシュランス・オープン 3日目◇25日◇トリ―パインズGC(7,569ヤード・パー72)>
 トータルイーブンパーの66位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・2ボギーの“70”で回りトータル2アンダーの27位タイと大きく順位を上げた。
遼、米ツアー初優勝へ「目の前のことに集中したい」
 INから出た松山は「グリーンは結構硬く感じる。ピンを狙っていくショットもスピンが入らないと奥にいっちゃうしなかなか狙っていけない」と難コース攻略に苦労しながらも、後半に3つのバーディを集めてリーダーボードを浮上。「グリーンスピードになれたので、うまく対応することができました」とパッティングが冴えて今大会初のアンダーパーのラウンドとして見せた。
 怪我からの復帰戦で思うようにリズムがつかめずにいたが、「途中から本当に良い感じで振れてましたし、良い状態には近づいています」と懸念されたショットの状態も上向き。かみ合えば最終日のビッグスコアも望めそうなコンディションとなっているだけに、上位フィニッシュの期待がかかる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>