<ファーマーズ・インシュランス・オープン 3日目◇25日◇トリ―パインズGC(7,569ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」3日目。トータル2アンダーの32位タイで予選を通過した石川遼はこの日“69”で3つスコアを伸ばしトータル5アンダーの6位タイに浮上。ボギーが先行したものの、米ツアーでも屈指の難易度を誇るトリ―パインズGCサウスコースを切れ味抜群のショットで攻略して見せた。
遼、松山のスコアをリアルタイム速報
 石川は立ち上がりの1番、2番と連続ボギーを叩くと4番もボギーとして序盤でいきなり3つスコアを落とす苦しい立ち上がり。それでも、5番でバンカーからのセカンドを約4メートルにつけてバーディを奪うと、切れ味を増したショットを武器に6つのバーディを量産。
 「紙一重だったと思う。自分の目指すスイングはできていないけどミスにはなっていない」とホールアウト後は反省のコメントが口をついたものの、この日全選手中5人しかマークしていない60台を叩きだしてホールアウトした。
 「明日は目の前のことに集中して、5バーディを目指したい。あした一日、どこまで自分ができるか。もし自分が優勝争いをしているのなら優勝を目指してやりたい」。首位との差は3ストローク。米ツアー初優勝にも十分届く位置で最終日の戦いに挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>