JALとANAの顧客獲得競争が激化

ざっくり言うと

  • 国交省はJALとの公平性を期すため、羽田発着枠をANAに有利な配分に
  • 反発したJALは夜間帯で新規開設を申請、さらにANAは国内線値上げを撤回
  • ANAとJALの競争が再び激しくなってきたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング