NISA口座での取引がスタートして早半月以上。すでに着々と投資を始めている人もいる一方、口座は開いたものの何に投資をしたらいいのか悩んでいる人もいるのでは?

 投資方針は人それぞれ違うだろうが、もしも「短期で大きく儲けたい」のであれば、NISA口座でもIPO(新規上場株)投資を見逃す手はない。しかし、そもそもNISAでIPO投資は可能なのだろうか?

2013年のIPOは、3倍以上の初値がついた銘柄が12銘柄も!

 まずは、昨年2013年のIPOの状況を振り返っておこう。

 結論から言うと、2013年のIPOは絶好調だった。新規上場した54銘柄中、初値が公開価格を上回ったのが52銘柄。勝率にすると96.3%で、これはここ数年で最も高い数値となっている。

 また、52銘柄のうち12銘柄では、初値が3倍以上という高値になった。【表1】は、2013年のIPOの値上がり率ベスト10を並べたものだ。

        【表1】2013年のIPO値上がり率ベスト10

順位 銘柄名(コード) 市場 上場日 公開価格 初値 値上がり率 1/17終値
1 リプロセル
(4978)
JQ 6月26日 3200円 1万7800円 5.6倍 1681円
2 ANAP (3189) JQ 11月19日 1000円 5100円 5.1倍 1866円
3 システム情報
(3677)
JQ 10月22日 740円 3500円 4.7倍 2287円
4 ソフトマックス
(3671)
東M 3月12日 1300円 5510円 4.2倍 2930円
5 オークファン
(3674)
東M 4月25日 2600円 1万480円 4.0倍 2638円
6 サンワカンパニー
(3187)
東M 9月13日 950円 3500円 3.7倍 7200円
7 メディアドゥ
(3678)
東M 11月20日 3300円 1万1770円 3.6倍 1万3800円
8 協立情報通信
(3670)
JQ 2月20日 1500円 5000円 3.3倍 2023円
9 M&Aキャピタルパートナーズ
(6080)
東M 11月20日 3000円 1万円 3.3倍 5670円
10 アライドアーキテクツ
(6081)
東M 11月29日 1700円 5600円 3.3倍 4315円

※リプロセル、オークファンは1:5の株式分割済み

 最も値上がりしたリプロセル(4978)の初値は、公開価格のなんと5.6倍! 同銘柄は100株が1単元のため、公開価格で買って初値で売った場合には、

 (初値1万7800円−公開価格3200円)×単元100株=利益146万円

 146万円もの値上がり益をあっという間に手にすることができる(売却手数料は考慮していない)。

 もちろん、これはすでに上場した銘柄の話で、2013年全体のIPOについてもあくまで過去のデータに過ぎない。しかし、大雑把に言うと、昨年のように市場が上昇しているときはIPOも好調で、今年に関しても現状では市場全体は上昇が見込まれている。

 つまり、(上場する銘柄ごとの業績や将来性、需給などにもよるが)今年も現状ではIPO投資には大いに期待ができるということなのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)