都内ゴルフ練習場にてPRを行った左から仁志敏久氏、緒方耕一氏、与田剛氏、牛島和彦氏、大矢明彦氏(撮影:ALBA)

写真拡大

 ミズノは25日(土)都内にある神宮外苑ゴルフ練習場にて新製品『ミズノ JPX EIII』シリーズのデビューイベントを開催。同会には元プロ野球選手で編成された「TEAM JPX」から大矢明彦氏、牛島和彦氏、与田剛氏、緒方耕一氏、仁志敏久氏が出席し、新製品に関するトークセッションや試打デモンストレーションを行った。

 ミズノの新製品『JPX EIII』シリーズは「飛距離を諦めない。」をキャッチフレーズに開発されたクラブで、「HS34〜42m/sの熟練層がやさしく理想のドローボールが打てるドライバー」に仕上がっている。新製品について仁志氏は「非常にやさしくて、軽く打ってもボールがつかまってくれる。見た目も良いので、見た目から入る人にはよりいいのでは」と話し、新製品のデザイン性の高さと性能の高さを絶賛。また与田氏も「デザインがかっこいい。打った感じとしてはヘッドスピードに関係なくつかまりが良い」とクラブの印象を話した。
 また昨年末に66歳になった大矢氏は「正直飛距離を諦めていました」と告白。しかし昨年末に届けられた『JPX EIII』シリーズを実際コースで使用すると、「距離でもう1回勝負できるかなという気持ちになりました」と心境の変化があったことを明かした。
 トークセッション後は、弾道計測器「GC2」を使用した試打デモンストレーションに移行。それぞれ数球の練習の後に本球を計測し、牛島氏が288ヤード、仁志氏が290ヤード、大矢氏が268ヤード、与田氏が311ヤード、緒方氏が297ヤードを記録した。試打後、牛島氏は、「今日当たった距離は(普段と)30ヤードくらい違う。ああいう数字は最近出てないね」と計測結果に驚きの様子だった。
 「TEAM JPX」のメンバーはその後、都内のショップを訪問。店頭にて事前に予約していたユーザーへの商品渡しや店頭販売を行い、新製品のPRを行った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼は32位タイに浮上!決勝Rでは「どこまで追い上げられるか」
松山英樹、苦しみながらも予選を突破「戦う上ではまだまだ」
最新のギアニュースと試打レポートはこちらから
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
プロカメラマンが選ぶ珠玉の作品「フォトグラファーズCHOICE」