【仮面ティーチャー】Kis-My-Ft2藤ヶ谷の意外な一面が明らかに! 完成披露プレミア上映会も大成功

写真拡大

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔の初主演映画として話題を集めている『劇場版 仮面ティーチャー』(2月22日公開)の完成披露プレミア上映会が、ちょうど公開1ヶ月前となる1月22日、新宿バルト9で行われ、一般の人には初のお披露目となる劇場で藤ヶ谷と斎藤工、遠藤憲一が舞台挨拶を行った。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

本作は昨年7月に放送された、藤沢とおるの同名コミックが原作の大ヒットドラマを映画化したもの。教師による体罰が禁止された社会を舞台に、「力」による指導を許された特別な立場でありながら、生徒と「心」で向き合うことを選んだ仮面ティーチャーこと教師・荒木剛太が新たな試練に立ち向かう姿を、映画ならではのドラマチックな展開とスケールの大きなアクションで描いた新時代のヒーロー・ムービーだ。

そんな超話題作だけに、この日は通常の完成披露試写会と違って、さまざまなサプライズを用意。劇場内の売店やチケットカウンターなどにも“仮面”をつけた人々が。そんなちょっと異様な空気に包まれた9Fのメインロビーには16時ごろからパラパラと藤ヶ谷や『仮面ティーチャー』のファンらしき女子たちが集まり始め、それから30分の間にその数がロビー全体を埋め尽くすまでになってなった。開場までまだ1時間以上あるのに、みんな早くも興奮している。いったい何が始まるのだ!?

そう思って様子をうかがっていると、16時40分、モニターに映し出された『劇場版 仮面ティーチャー』の予告編に続いて、ロビーの上にあるバルコニー状のスターステージに出演者の斎藤工と遠藤憲一とともに、なんと仮面ティーチャーが登場した。

ここで場内は「キャー!」という絶叫とともに一気にヒートアップ。そして斎藤、遠藤に続いて仮面ティーチャーが挨拶する番に。そこで「やっぱり仮面を取ってもらいたいですよね?」と司会者。その言葉にうながされて仮面ティーチャーがいったん舞台のそでにはけ、代わって藤ヶ谷が登場すると会場の「キャー!」のボルテージはさらにアップして、すごい熱気に包まれた。

その「キャー」が如何にスゴかったかは、遠藤の「この声援はヤバいな。舞台挨拶でこんなに熱いキャーという声援を聞いたのは初めて」というコメントからも分かるはずだ。
しかも斎藤や遠藤が話している途中途中で「キャー!」の声が起こるので、遠藤は「何々?」と興味津々。藤ヶ谷に「ちょっと笑ってみて」と言って彼がその通りにすると、思った通り、「キャー!」「キャー!」という声が上がる。

最後には司会者から「遠藤さん、藤ヶ谷さんで遊ばないでください」と注意される始末で、藤ヶ谷も「僕はあまり笑わない印象があるみたいで。でも、僕も普段から笑いますからね(笑)」とおどけて見せ、その仕草にまたまた大きな歓声が湧き上がった。

これで贅沢過ぎるウォーミングアップは終了し、気持ちが高揚しまくっているファンの人たちはプレミア上映会場となる13階のスクリーン9へと移動。場内はあっという間にすし詰め状態になり、みんな、嬉しそうにその時が来るのをいまか、いまかと待っている。

そして18時。場内が少し暗くなったかと思ったら、スポットが当たり、仮面の家紋が入った紋付袴姿の藤ヶ谷と斎藤、遠藤がなんと場内中央の扉から入ってきて、客席を通って登壇したからここでもみんな大喜び。だが、次の瞬間には思いがけないサプライズに、登壇した3人の方が驚くことに。それもそのはず、観客全員が“仮面”をつけていたのだ。その光景は写真を見ても分かるように、ちょっと異様なものだったが、藤ヶ谷は「みんな僕より似合っている。ありがとうございます」と大喜びだった。

舞台挨拶もそんな熱気の中でスタート。まずは藤ヶ谷が「映画の舞台挨拶は初めてなので、すごく大事な瞬間になると思います。それが『仮面ティーチャー』で本当によかったなと思います。この熱い作品がみなさんに届くと信じています」と素直な心境を語る。

すると、ドラマに続いて「仮面ティーチャー法」の生みの親である教育省のエリート官僚・板倉塁に扮した斎藤が「ドラマのときからその枠をはみ出すエネルギーを持った、スクリーンの匂いがする作品でした。その作品がさらにスケールアップした内容とともに、最も相応しい場所に今日投影されます。その最初の観客がみなさまなので、ぜひこの作品をしっかり受け止めてください」とアピール。「ドラマでは藤ヶ谷くんとの絡みがなく、寂しい想いをしていたけれど、映画では一緒に戦っている感じがしました」と強調した。

そして最後に、この劇場版から参加した荒木剛太のかつての恩師である羅門公平に扮した遠藤も「藤ヶ谷くんはこの作品が映画デビューで、主演なので、ぜひみなさんの熱い想いとともにこの作品を宣伝していただいて、ぜひ、みなさんの力で大ヒットに持っていってください」と強力プッシュ。

その言葉に会場がどよめくと、藤ヶ谷がすかさず「今日からみなさんも仮面ティーチャーの宣伝部の一員として、頑張っていただきたいと思います。しっかり仕事をこなすようにお願いします」と続け、熱血教師・荒木剛太そのままの威厳を見せた。

そんな藤ヶ谷の意外な一面を語ったのは遠藤だ。「撮影の初日が、実は藤ヶ谷くんとぶつかり合うクライマックスのシーンだったんです。それでなくても自分はこういう顔なので、だいたい初対面の人にどん引かれちゃうんですけど(笑)、藤ヶ谷くんがその戦いのシーンの後のメシのときに『遠藤さん、一緒に喰いましょう』と言ってくれて。すごくフランクな人なんですよね。温かく包んでくれたので、優しい人だな〜と思って、それが印象に残っていますね(笑)」

それに続いて、斉藤が本作の魅力を訴える。「僕は一映画ファンとして、この作品の特にアクション・シーンは、これまでの日本映画を更新しているなというスケール感を感じました。これは劇場で体感すべき日本映画だと思います。男性の人にも観るように、みなさんから促してください」

もちろんここでも、藤ヶ谷が「本当にしっかり仕事をするように!」ともう一度観客に語りかけ、またまた「キャー!」とひと盛り上がり。その状況を「素晴らしいね」と言いながら見守っていた遠藤も、俳優の先輩としての立場から、藤ヶ谷と斎藤を絶賛する。

「若いけど、ひとりよがりにならず、ちゃんと相手の芝居を見て、それを自分の中で吸収して返していくことに長けた2人だと思います」

そして最後に藤ヶ谷が「熱いストーリーをみんなで全力で作りました。みなさんも全力で受け取ってくれると、作り手としては本当に幸せです」と締めくくると、ヒット祈願の鏡開きならぬ、仮面ティーチャーの仮面が描かれた樽で“仮面開き”を行い、最後に仮面をつけた満員の観客と一緒に3人が写真と動画を撮る流れに。

その動画の撮影時には、藤ヶ谷が本当の教師のように自らみんなに「左手で仮面を持って、右手で手を振り、僕が『劇場版』と言ったら『仮面ティーチャー、キャー! でお願いします』と演出。

練習の際の声を聞いて「小さくない? もっと大きな声で」と修正することも忘れなかったので、本番ではみんなの声と想いがひとつになる最高の動画を撮影することができた。

遠藤と斎藤と藤ヶ谷の3人はここで退場。ところが、最後に会場を出た藤ヶ谷がもう一度戻ってきて、両手で手を振り、場内に最後の「キャー」という歓声が。さすが藤ヶ谷くん、彼がファンの心をちゃんとつかんでいることを印象づける、そして映画の大ヒットを予感させるひとこまだった。

ここからは、いよいよ映画の上映だ。果たして、この日集まってくれた人たちがどんな感想を持ったのだろう? みんなが気になるそこのところを思いがけない人が伝えてくれた。なんとこの日、一般のお客さんと一緒に、ドラマ版に続いてメガホンをとった守屋健太郎監督も自作を鑑賞していたのだ。その守屋監督によると、「剛太と羅門が激突するクライマックスではすすり泣く声が聞こえてきた」のだとか。しかも、熱心なファンから上映終了後に「監督ですよね」と声をかけられ、確かな手応えを得たようなのだ。

というわけで、サプライズ尽くしの完成披露プレミア上映会もとどこおりなく終了……と観客も、多くのマスコミも思っていたに違いない。

しかし、ある人物にとってはここからが仕事の本番。そう、神出鬼没の我らが仮面宣伝マンが、観客が場内で盛り上がっている間にロビーで待機。興奮して出てきたファンの方々に、最後のサプライズとして『仮面ティーチャー』特製のポケットカレンダーを配るのだ。

19時40分。予定より5分ほど遅れてそのときは来た。次々に出てくる人、人、人……一瞬にして仮面宣伝マンは取り囲まれ、無数の手があちこちからカレンダーを配る仮面宣伝マンに向かって伸びる、伸びる。

後で聞いたら、仮面の中から見えるその光景は千手観音の手のようだったみたいで、中には「見〜つけた」「やっぱりいた」と言う、彼が外で待っているのをちゃんと予想していた強者もいたとか。

そんなファンの方々に、声を出してはいけない、正体を明かしてはいけない仮面宣伝マンは一枚一枚カレンダーを丁寧に配っていく。

前回の日枝神社のヒット祈願のときと同様、もちろんスマホで写真を撮る人たちも後を絶たないが、写真撮影のタイミングになると仮面ティーチャーのように胸の前で拳を握った腕を固定してポーズをとり、再び配り出すと物腰が低くなるところに仮面宣伝マンの人柄が表れていて、なんだか微笑ましい。

用意していた600枚のカレンダーはあっという間になくなった。直後に、ファンの方々のツイッターにその様子が写真とともに上がっていたので、彼の地味な活動もじわじわと効果が出てきているのかもしれない。

いずれにしても、『劇場版 仮面ティーチャー』の公開まで後1ヶ月を切った。公開直前の2月14日(金)午後9時からは日本テレビの金曜ロードSHOW! 特別企画として、深夜ドラマ版の半年前を描く藤ヶ谷太輔主演の『仮面ティーチャー』のスペシャルドラマの放送も決定。映画を盛り上げるさまざまなイベントとともに、全国をめぐる仮面宣伝マンの多くの人の「心」に訴えかける活動はまだまだ続くのだ。

こちらのレポートもどうぞ!
『仮面ティーチャー』ドラマ版と映画版のキャストが集結! "高校生限定"試写会大募集! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20357 ]
『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20379 ]
【仮面ティーチャー】ナゾの"仮面男"が「赤坂・日枝神社」に出没! 密着取材レポート [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20081 ]
鍋料理は太りやすい! 料理研究家に聞いた“簡単”ダイエット鍋レシピ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20130 ]
男を冷めさせるNG女子「察してちゃん」の特徴&ならないための心がけ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19807 ]