消費税が8%に上がるのに給料アップは望めない。そこで誰でも簡単に「副収入」が得られるお仕事を大特集。増税分を稼ごう!

ユニークな投資対象も。ただし詐欺には要注意!

副業が趣味と実益を兼ねた仕事なら最高だ。たとえばクルマの運転が好きというAさんは以前、自動車運搬船のアルバイトとして採用された。

「新車、それも国内では乗れない輸出車に毎日乗れるところが魅力でした。ただ、高額商品を狭い船内に数センチの幅で並べる仕事なので神経を使いました。おかげで今でも狭い場所での駐車が得意です」

肉体労働はイヤ、頭脳労働に徹したいというのなら投資がベストだろう。株式投資やFX、不動産投資は本誌読者なら当たり前だが、投資対象はほかにもある。優雅で人気が高いのがワイン投資。現物のワインに投資をして値上がりしたところで転売して差益を得たり、自分で引き取ることもできる現物投資と、商品ファンドの一種であるワインファンドに投資するものがある。ほかにも「肌で感じるオーガニックコットンファンド」というようなユニークな投資対象のものもある。ただしくれぐれも、詐欺には注意したい。和牛やエビ等の預託商法やネズミ講まがいの商品販売など詐欺師は狆材〞には事欠かないのだ。

ワインファンドという手もある

ワイン投資ファンド運用会社であるヴァンネットの「クリエイティヴ・ワインファンド シリーズ」はボルドーの厳選銘醸ワインが投資対象。最低100万円(10口)から申し込める。投資家を対象としたプレゼントや「華麗なるフランスワインの夕べ」などのイベントも開催。

体験者に聞いた 4
欧米では当たり前!? 定期預金感覚で1万円が2万円になるワイン投資

村井和孝さん
都内の病院に勤務する医師。ワイン投資は知人のソムリエの勧めで始めた。趣味はゴルフと料理で、最近のマイブームは登山。爐ひとりさま〞ライフを満喫中。

体力消耗度:★☆☆☆☆
コストパフォーマンス度:★★★★☆

セレブ気分に浸れる!? 優雅な副業投資

創業以来300年以上もの間、同じ店舗で営業を続けている英国最古のワイン&スピリッツ商「ベリー・ブラザーズ&ラッド」(以下、BB&R)は、現物のワインを売買しているだけでなく日本の投資家にワイン投資を提供している。BB&Rによれば、金融市場と専門知識が必要なワイン市場の相関関係は比較的小さい。2008年のリーマン・ショックでは2005年ビンテージの価格が下落したが、2009年から2010年にかけて市場は活気を取り戻したとのこと。

ワイン投資を楽しんでいる村井さんが教えてくれた。

「2015年に市場に出回る爍横娃隠嫁もの〞は、2014年の春先から夏前にかけてプリムール(市場に出る前の状態)で販売価格が決まります。市場に出たときの価格は、このときの価格よりも1〜2割高くなることが多いので、その差益が得られるのです。売却せずに保有し続けるという手もありますよ。ワインは消費により減る一方なので、さらなる値上がりが期待できるからです。定期預金より、はるかにお勧めですね」(村井さん)

売買は基本的に1ケース(6本〜)単位。英国に完璧な状態で保管されているので、転売するのなら専用サイトを通じて売却指示を出せばいいし、自分で飲むのなら輸入すればいい。なんとも優雅な投資である。

この記事は「WEBネットマネー2014年2月号」に掲載されたものです。