2014年注目のアスリートたち(8)

 1月11日に行なわれた女子ジャンプW杯札幌大会。試合前の試技でジャンプ台から飛び出す選手たちの映像を見ていて驚いたのは、19歳、伊藤有希(土屋ホーム)の力強さだった。

 これまで伊藤の踏み切りは、若干体を前方に投げ出すだけのようなところがあった。本人は「飛び出しと空中で腰が前に行き過ぎるのを修正したい」と話していたが、それだと向かい風を受ければソコソコ飛距離を伸ばせるが、追い風になると飛べなくなるという弱点を持っていた。ましてやジャンプスーツが小さくなった今は、余計に不利になる。

 だが札幌大会では、立ち上がる動きに力強さが加わっていた。しっかりとジャンプ台に力を伝えられる動きになっていたのだ。1本目は強めの追い風を受けて84mで17位に止まったが、向かい風となった2本目は95mまで飛距離を伸ばし、順位を4位まであげた。

「昨日から自分でも少しずつ安定してきていると思うので、1本目も2本目も悪いジャンプではなかったと思います。その中でも2本目の方が感じは良かったし、風にも助けられました」

 こう話していた伊藤は翌日の試合でも8位という結果ながら、1本目には弱い向かい風の中で90.5mを飛び、W杯初の表彰台かと期待されるジャンプを見せていた。

 そんな伊藤がジャンプを始めたのは4歳のとき。北海道下川町で教育委員会の職員としてジャンプ少年団や下川商業高校で父・克彦さんが指導していたからだった。

 小学6年の06年にシニアの大会にも出場して大倉山ジャンプ台を飛び、日本女子ラージヒル最年少飛行記録を塗り替えた。中1の07年には蔵王と札幌宮の森で行なわれたコンチネンタル杯4連戦に出場すると、蔵王初日の17位から始まり、2日目は5位、札幌の初日は4位に入った。そして徐々に調子を上げてきた結果、札幌2日目には3位で表彰台に上がり、日本女子ジャンプの新星と注目された。

 その後は海外遠征もしたが、追い風のジャンプ台になかなか対応出来ずに苦しんだ。09年の夏のコンチネンタル杯では総合10位になり、翌年の夏も、突然出てきた高梨に引っ張られるようコンチネンタル杯総合で5位になったが、追い風が多くなる冬は苦戦していた。

 13年2月の世界選手権の混合団体で金メダルを獲得した時も、一番手で出場して2本ともグループ8位のジャンプ。優勝が決まった瞬間は「メダルを獲れるかどうかのカギは私だとわかっていたのにミスをして。次の大貴兄ちゃんが大ジャンプをしてくれて。みんなに助けられました」と、涙をボロボロ流し、下川町出身で父の教え子でも有る伊東大貴を照れさせていたのだ。

 昨年春には葛西紀明が監督を務める土屋ホームに入り、チームのフィンランド合宿に参加するなど少しずつ力をつけてきた。

 今季の女子W杯初戦だった12月頭のリレハンメル大会では混合団体を行ない、1本目こそグループ6位だったが、2本目には2位の96.5mを飛んで日本の優勝を決定付けた。この大会ではやや不調だった2番手の伊東を助ける形になった。

 その後は年始のロシア・チャイコフスキー大会を欠場し、年末年始は国内で調整。「助走路の角度が緩やかになるRの部分で重力に押されて尻が下がってしまうことで踏み切りのタイミングが遅れるので、そうならないように滑り出しからいいポジションに乗ってそのままキープ出来るように修正した」と言う。助走でいいポジションに乗れていれば、踏み切りでもジャンプ台にしっかりと力を伝えて立ち上がれるようになり、タイミングの遅れも改善される。その効果が先日の札幌大会ででたのだ。

 さらに翌週の蔵王大会では、1本勝負となったが初日は強い向かい風を受けて96・5mを飛んで高梨に次ぐ2位になり、W杯初表彰台に上がった。そして翌日も7位に入り、W杯総合順位も一気に6位にまであげた。

 葛西は「有希を世界一にする自信がある」と言い、92年アルベールビル五輪の頃からジャンプのデータをとって日本チームの強化に協力してきた北星学園大学の佐々木敏教授も伊藤を、「身体能力的には高梨を超えられる素質を持っている」と高く評価している。

 W杯表彰台も経験した伊藤がソチ五輪を経験して、どんな大人のジャンパーに成長していくのか。日本チームが高梨沙羅頼りにならないためにも、彼女の成長は重要だ。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi