写真提供:マイナビニュース

写真拡大

発売当日を迎えたプレイステーション3用ゲームソフト『戦国BASARA4』の発売記念イベントが23日、東京・新宿「ビックカメラ新宿西口店」と大阪・日本橋「上新電機ディスクピア日本橋店」にて行われた。

イベントには『戦国BASARA』シリーズプロデューサー・小林裕幸氏が駆けつけ(大阪にはシリーズディレクター・山本真氏)、サイン会と握手会などが行われたが、平日にもかかわらず、イベントには多くのファンが集結。中には仕事中の昼休みを利用してかけつける女性ファン、『戦国BASARA3』の発売記念イベント同様、男性ファンの姿も多く見受けられた。

サイン会の後、豪華声優陣の直筆サイン色紙をはじめ、「戦国BASARA4 オリジナルパーカー」といった、豪華景品が当たる抽選会も実施。抽選会で伊達政宗(CV:中井和哉)のサイン色紙を手に入れた男性は「『戦国BASARA』シリーズは全てプレイ済み。今回も伊達一本でがんばります」とコメント。また、石田三成の大ファンだという女性は、石田三成(CV:関智一)のサイン色紙を見事に獲得し「もちろんずっと石田三成推し。でも、今回は柴田勝家にも注目します」と語っていた。カプコンによると、発売前の1番人気は島左近だが、柴田勝家もかなり注目されており、発売後の人気投票にも期待を寄せている。

『戦国BASARA4』は、戦国武将たちが戦場を縦横無尽に駆け巡り、一騎当千の大活躍をするアクションゲーム。今回は、柴田勝家や島左近といった新武将も加わり、シリーズ最多の40人が登場する。さらに、プレイヤーと共に自動で戦う「戦友」システムを新たに導入。プレイヤーと戦友の2人のバサラゲージを消費し、必殺技の「劇画(ぎが)バサラ技」も繰り出せる。また、プレイヤー自身の選択で新たに歴史が紡ぎ出される「戦国創世モード」では、ドラマルートやアニメルートといった固有の分岐も用意されている。

イベント終了後には、プロデューサー・小林氏による囲み取材の時間が設けられ、小林氏は以下のように話している。

──今回の発売記念イベントの手応えはいかがですか?

『戦国BASARA4』を手に取ってくれたお客さんを見て、ようやく発売日を迎えたという実感が沸いてきました。素直にうれしいという気持ちです。ディレクターの山本は大阪でイベントを行っていますが、彼も発売日を実感していると思います。

──本作で見てほしい武将、ユニークな武将がいましたら教えてください。

僕自信は柴田勝家推しで(笑)。また、発売前は新キャラの島左近がファンにダントツの人気でしたね。『戦国BASARA』シリーズ史上、一番チャラく、しかも豊臣軍という堅い軍勢で石田三成の部下。こんなキャラですぐにやられるんじゃないかと思うんですが、実は三成も成長があり、部下の面倒をみる一面もあるので、注目してください。

また、柴田勝家は、一度信長に謀反を起こして一兵士以下の扱いにされますが、「戦国創世モード」のドラマルートやアニメルートをプレイしてもらうと、それぞれの展開があり楽しめると思います。そして、閻魔帳を持った後藤又兵衛は特殊なキャラ。残虐な攻撃をしますが、それが逆に楽しい部分でもあるかと。又兵衛は伊達政宗を付け狙うので、プレイしていると政宗の意外な一面が見られるかもしれません。

──イベントには男性ファンも多く見られましたね。

「バサラ祭」などのイベントでは、女性ファンが圧倒的に多いんですが、『戦国BASARA』シリーズをプレイしてくれる人を調査すると、実は男性ファンが断然多いんです。今の率直な感想としては、『戦国BASARA3』でアクション性を高めたことで、引き続き『4』を楽しんでくれるのかなと。実は『DmC デビルメイクライ』の開発スタッフが『3』から入っていたので、さらに面白いアクションができる作品に仕上がったと思います。

──今回のサイン会の中で、特に印象が残っているファンの声はありましたか?

今回はイギリスや台湾といった海外の方も多く参加されてビックリしました。『3』は海外版を出して、『4』は出していないので、北米・欧州のファンの方がこうしてプレイしてもらえるのはうれしいですね。こう見てみると、アクション性やキャラクターの魅力が広がっていることを実感しています。

──今後の展開などを教えてください。

今年は『戦国BASARA』のイベントや『戦国BASARA4』のゲームでスタートしましたが、もうすぐ新たな発表を2月ぐらいにすると思うので、お待ちください。今後もゲームを中心に『戦国BASARA』というものを大きくしていきたいと思います。

──最後にイベントにこられなかったファンへのメッセージをお願いします。

こんな平日の昼にイベントをしてしまってすいません……。僕としましては、ゲームをじっくりプレイしていただき、いろいろな感想をいただければと。今回は、新キャラとシリーズキャラとの相乗効果で、色々な展開が楽しめます。たとえば、新キャラ足利義輝の本音を語るところがありますが、それは前田慶次のプレイルートのみだったりします。次回、店頭でのイベントがありましたら、ぜひ足を運んでいただければと思います。

『戦国BASARA4』は内容がすごく濃いので、1年間遊べるぐらいのキャラクターを詰め込んでいます。なので、ゆっくりと『4』をプレイしていただき、気に入って頂けたら、過去のシリーズも遊ぶという楽しみ方もあると思います。これからも『戦国BASARA』シリーズに取り組んでいきますので、よろしくお願いします。

(担当ぱぴい)