どうすればいい?節約でストレスが!
消費税増税が4月に迫る中、節約は目下の課題ですね。しかし、過度の節約がストレスになってしまうこともありますよね。教えて!gooに、節約について悩まれている専業主婦の方からの相談が寄せられています。

節約の価値観について

20代の専業主婦の相談者は、子供が産まれたことをきっかけに家計簿をつけるようになったそうです。

しかし、節約のために家計簿をつけ始めたところ、「何でも『もったいない』と思うように」なったのだとか。将来必要なお金はわからないから漠然とした状態での節約ではあるものの、「家計簿をつけ、ため息をついて」いる生活。また、ご主人にも理解されない部分があり、ストレスを感じています。
お金のことばかり考える生活から抜け出すには、どうしたら良いのでしょうか?

■お金より大切なこと

「行き過ぎた節約は精神的にも辛くなってしまうんじゃないでしょうか」と問いかけるのは、komikomi02さん。
noname#78404さんも、旦那さんのお給料で生活できるのであれば、過度に節約をするよりも大切なことがあると回答しています。

「まだお子さんは5ヵ月ですよね、まずは質問者様が心身ともに健康で、楽しく過ごすことが一番の時期です。それはお金とは比べ物にならないくらい大切です!」

確かに節約を意識しすぎて、健康を損なってしまったり、心のバランスが取れなくなってしまったりするのは困りますよね。
節約よりも大切な物もあるのではと考えることも必要かもしれません。

■きちんと説明をする

またgondesuさんはご自身の経験を踏まえたアドバイスを送っています。

「うちもカミさんがシッカリ家計管理されてます。でも、何に支出し・何のために貯金してるのか全て説明してくれたお陰で、収入と支出のバランスを理解出来るようになりました」

noname#44724さんも、「旦那様の考え方がすぐには変わらないかもしれませんが、質問者様が『ここは少し減らせると思うけど、どうかな?』と言えば多少考えてくれると思います」とのこと。

ご主人の理解を得るために、きちんと説明をすることも大切かもしれません。家族のために頑張っているご主人に対して、むやみに節約を求めるには酷なのでは、という意見もありました。一方的に押し付けるのではなく、必要性を説明した上で相談、というフローがよいのかも。

■収入を増やす

節約以外にお金を貯める方法は、やっぱり収入を増やすこと。

「色んな節約本にも書いてありますけど、一番お金の貯まる方法は、節約ではなく新たな収入を得ることです。そのことを考えてもっと柔軟に、旦那さんを大目に見てあげても良いと思います」(megumi1さん)

お子さんが小さいと外へ働きに出ることは難しいかもしれませんが、内職やオークションなど家にいながらにして、収入を増やす方法もあります。確かにご主人が「節約に協力してくれない」とイライラするよりも、そのような方法を見つけて収入を増やした方が心にも家計にも余裕が生まれるかもしれませんね。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)