矢吹春奈、キャバ嬢の役作りは彼氏・仁科克基からの情報で? (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 タレントの矢吹春奈が23日、都内で行われた映画『ハニー・フラッパーズ』とのコラボイベント『第2回全国伝説のキャバ嬢総選挙』に審査員として登場。劇中で人気キャバ嬢を演じる矢吹は「周りに報告しました」といい、交際中の俳優・仁科克基から「『よかったね〜』って言ってもらいました」と語るなど、順調ぶりをうかがわせた。

【写真】キャバ嬢総選挙グランプリのみなみさん

 仁科とのやりとりについて、矢吹は「特に演技指導はないけど、『キャバクラはイベントのときに浴衣を着たり、クリスマスのときにサンタのコスチュームを着たりするんだよ』っていう情報はもらってます」とニッコリ。具体的なアドバイス内容に「行き慣れているのでは?」と疑惑の声が上がると「みたいですね〜」と語り、笑いを誘った。

 同総選挙は、全国5841名のキャバ嬢の中から厳選された108名の候補者によって“真のナンバー1”を決定。グランプリには、東京・六本木の「ズー東京」勤務の「みなみ」さんが選ばれ、”伝説のキャバ嬢”の栄冠と同作への出演権が与えられた。

 イベントでは、矢吹のほか、坂口杏里、森下悠里、岸明日香、折井あゆみ、階戸瑠李、JOYが審査員を務めた。