アナ役の神田沙也加、オラフ役のピエール瀧 ©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ピエール瀧が、3月14日から全国で公開されるディズニーの新作映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版の声優に起用されたことがわかった。

【もっと写真を見る】

雪と氷の世界が舞台の同作は、王家の姉妹・エルサとアナの物語をミュージカル楽曲も織り交ぜながら描いた作品。瀧が演じるのは、アナの旅の仲間で夏に憧れる雪だるまのオラフ役となり、作中で「夏に憧れる想い」を歌っている。今回の起用理由は、俳優としてだけでなく電気グルーヴのメンバーとして音楽活動も行っている点だという。初のディズニー声優に挑戦する瀧は「正直、それは面白そうだと思いました。そしてディズニーさんの気が変わらないうちに早く、『やろう!』と返事しようと思いました。『早くこの役を撮ってしまおう!』という気持ちですね(笑)」とコメントしている。

なお、アナの声にはブロードウェイミュージカルへの出演経験もある神田沙也加が起用されており、劇中ではエルサの声を演じる松たか子とのデュエット曲も披露している。