By mkhmarketing

2004年に創業されたFacebookは、すさまじい勢いでユーザー数を増やし、瞬く間に世界で最も人気のあるSNSの1つにまで登り詰めました。しかし2013年頃から「若い世代のユーザーがメッセンジャーアプリに移行している」と報じられるなど、Facebookユーザー数の減少が指摘されています。そんな衰退しつつあるFacebookに追い打ちをかけるように、アメリカの研究者がFacebookの未来について、シビアな予想を展開しました。

Facebook will lose 80% of users by 2017, say Princeton researchers | Technology | The Guardian
http://www.theguardian.com/technology/2014/jan/22/facebook-princeton-researchers-infectious-disease

アメリカのプリンストン大学の研究者によると、Facebookの流行は14世紀にヨーロッパで大流行したペストのように、拡散する勢いもすごいが、衰退し出すと止まらないとのこと。2014年2月4日に創業10周年を迎えるFacebookは、すでに一線から退いたMyspaceやBeboよりも生き永らえていますが、研究者は「2017年までに80%のユーザーを失うでしょう」と予想しています。

By LEOL30

研究者が予想に使用したのは、感染症の流行過程を記述するモデル方程式のSIRという方法。試しにSIRを使ってMyspaceを調査したところ、ほぼ現実に起こった通りの予想結果が示され、Facebookにおいても信頼度の高い結果が出たそうです。

Facebookは、2013年10月時点で約12億人の月間アクティブユーザーがおり、PCからのアクセスは減少しているもののスマートフォンからFacebookを利用するユーザー数は月間で8億7400万人いる、と発表していますが、Facebookの最高財務責任者David Ebersman氏は「過去3カ月を振り返ると、デイリーユーザー数は減少している。特に著しいのが、10代のユーザーです」と述べています。

By Anjana Jayaweera

Google検索における人気がグラフや数値でわかるGoogle トレンドでFacebookを調べると、検索回数は2012年12月から下降線をたどってるのも事実。Facebookは研究者が予想するようにあと4年ほどで衰退してしまうのか、それとも、何か新しいサービスを展開し再び盛り返すのか、今後の展開に注目です。