1階だけのつもりが…放火を後悔

ざっくり言うと

  • 滋賀県で平成24年、民家が全焼し中高生の姉妹と母親の計3人が死亡した火災
  • 祖母の依田被告は22日、裁判員裁判で後悔の言葉を繰り返した
  • 被告は「1階が燃える程度のつもりが2階まで燃えてしまった」と口にした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング