劇場版仮面ティーチャー

写真拡大

[シネママニエラ]藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)が初主演を飾る『劇場版 仮面ティーチャー』の完成披露プレミア上映会が東京・新宿の映画館で行われ、斎藤工、遠藤憲一と3名で、仮面だらけイベントと舞台あいさつを行った。仮面柄の樽を用いた“仮面(鏡)開き”を行うなど、仮面の紋付きと袴という凛々しい姿でファンの前に立ち、大歓声を浴びた。

この日がキャリア初の舞台あいさつとなった藤ヶ谷。「初めての舞台あいさつが『仮面ティーチャー』で良かった。全力でつくったから、(ファンのみんなも)全力で受け取って」と役柄の教師を意識した口調でファンを指導し魅了した。

ドラマ版から出演する斎藤は、男性の鑑賞にも適している作品ということで、「俳優は役という仮面で強くいられる。本作はアクション面で日本映画を更新しているので劇場で鑑賞すべき作品」だと強調。すると藤ヶ谷は「新しい日本のヒーロー。演じるときは仮面の有無ではなく、芯を通すことを意識した。みんなは宣伝部員。務めを果たして、しっかり男性にも宣伝するように」などと促す場面も。

なお舞台挨拶の前に行われたイベントでは、劇場版からシリーズ参加の遠藤が「(藤ヶ谷とは)相対する役柄だけど、心と心で通い合うのか?が見どころなので、最後まで観てください」と真面目に語り、さらに藤ヶ谷ファンへのサービスを実施。それは藤ヶ谷が笑顔を見せる度にどよめく観客の反応に気付くや、藤ヶ谷の脇腹をくすぐるなどして笑顔を引き出すしていた。すると藤ヶ谷は「僕はクールに見られがちですけど、普通に笑いますから」という素を明かした。

藤沢とおる著の人気コミックの実写化。劇場版はオリジナルストーリーで、力の行使を許されながら、心で生徒と向き合うことを選んだ仮面ティーチャーの顔を持つ高校教師・荒木剛太(藤ヶ谷太輔)が、異なる教育方針を支持する副校長の羅門公平(遠藤憲一)と対峙することに。『劇場版 仮面ティーチャー』は2月22日公開。

また、映画公開を目前に、2月14日[金]21時-22時54分、金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「仮面ティーチャー」(主演:藤ヶ谷太輔)が日本テレビ系にて放送される。

こちらの藤ヶ谷太輔「全力でつくった仮面ティーチャー、全力で応援して」と指導しファンを魅了! そのほかの写真はシネママニエラにて

シネママニエラ