オーストラリアンオープン(全豪)4回戦で、第16シードの錦織圭(ATPランキング17位)は、第1シードのラファエル・ナダル(1位)に、6−7、5−7、6−7で敗れた。

 3時間17分の激戦の末、両者が放ったウィナーは、共に36本だった――。

 スコアこそ、錦織のストレート負けだが、今までナダルが、1セットを取るのに1時間以上要することがあったのは、ノバク・ジョコビッチ(2位)やアンディ・マリー(4位)ら、ごく限られた対戦相手だけだった。それを錦織は、第1セット65分、第2セット62分、第3セット70分、3セット連続でやってのけた。

 錦織は、なるべくベースライン付近から下がらずに、ナダルの強力なトップスピンのかかったフォアハンドストロークと対等に打ち合い、時には、錦織の伸びのあるフォアハンドストロークが、ナダルのコート深くに入り、ナダルはスライスでしのがなければいけない場面もあった。

「やろうとしていたことは結構できて、自分が(ナダルを)左右に振る場面もあったので、無理しなくても戦えた局面が、今までの対戦より多くあった」(錦織)

 ふたりの対戦成績は、ナダルの5勝0敗だが、今回の6度目の対戦で、錦織はナダルに肉迫し、第2セットは4−2、第3セットは5−4と先行する場面もあった。しかし、セット終盤のナダルの驚異的な粘りで、錦織は逆転を許した。

「いくらいいプレーをしようとも、勝てないとどうしようもない。チャンスがあった分、余計にショックは大きい。悔いの残らないよう打っていこうと思っていましたけど、ミスが先に出てしまった。ああいうゲームを簡単に取らせてくれないのがトップ選手」(錦織)

 僅差の勝負を制したナダルは、あらためて錦織の潜在能力の高さを認めた。

「いくつかミスはあったけど、圭はとても攻撃的にプレーをした。僕は、たくさん走らなければならなかった。圭はトップ10プレーヤーになるポテンシャルがある」

 今回の全豪で、錦織は1回戦こそ暑さと強風の影響で5セットマッチを強いられたが、2回戦と3回戦はストレート勝ちを収め、シード選手らしく格の違いを見せつけて勝ち上がった。さらに、連戦による疲れがほとんどなく、今までよりフィジカルコンディションが維持できていることを自覚していたという。

 こうした好調の要因として、昨年12月から錦織のコーチについたマイケル・チャンの存在が挙げられる。

「マイケル自身が、現役時代になかなかトップ10に入れなかった境遇と、今の自分の状況が似ているので、アドバイスを聞いてみようと思いコーチを依頼しました」

 昨年、最高でランキング11位になりながら、トップ10入りを果たせなかった錦織は、かつての名選手による説得力のあるアドバイスを求めたのだ。

 中国系アメリカ人のチャンは、1989年ローランギャロス(全仏)で当時17歳3ヵ月ながら初優勝し、世界を驚かせた。身長175cmと、トップ選手の中では小柄ながら、世界屈指の俊敏なフットワークと驚異的なスタミナでコートを駆け回り、世界ランキング2位まで登りつめた。

 それでも、チャンは全仏優勝後、90、91年にトップ10に定着できない時期があった。そんな葛藤をした経験のあるチャンに、現在トップ10入りの壁にぶつかっている錦織は教えを請い、自らの成長につなげようとしている。

 依頼を受けた41歳のチャンは、錦織のために現場復帰することを快諾した。

「自分にとっても楽しみな巡り合わせです。現在のツアーでは、まだアジアの男子選手が、たくさん活躍しているとは言えません。圭が次のレベルに到達するために、何か助けになれるよい機会だと考えています」

 1994年に初めて日本女子選手としてトップ10入りをしたクルム伊達公子は、錦織がチャンを選択したことに、自らの経験も踏まえて共感する。

「(体の)大きくない選手が、どうトップ10に入っていくかというところで、マイケルの指導を受ける必要性を感じたのではないでしょうか。トップ10を経験し、グランドスラムのタイトルを取ったことがあるチャンの言葉には当然重みがあると思います。私も実際に経験していますが、世界のトップ10に入ることは、生半可な気持ちでできるものではない。マイケルはストイックだし、話を聞いていてもすごく細かいアドバイスができるし、(錦織に)いい影響が出てくるのでは」

 ただ、チャンのツアーコーチとしての実績は、中国の女子選手を一時指導したことがあるぐらい。当初錦織は、指導者としてのチャンの力量に不安を抱く部分もあったというが、それは一緒に練習をしてすぐに払拭された。

「最初は少し不安がありましたね。どういうコーチングをするのかわかりませんでしたし。でも、一緒にやっていくうちに、彼のアドバイスや、一つ一つの言葉が本当にプロフェッショナルというか、尊敬できることばかりなので、不安はすぐになくなりました」

 昨年末のオフの練習は厳しく、かつてないほどの練習量だったという。錦織最大の武器であるフォアハンドストロークにもチャンから指摘があった。

「しっかり足をセットしてから、いちばん力の入るところで打つことをもっとも言われています。反復練習が大事だというのは感じますね。たしかに(フォアは)得意なショットですけど、それだけに100%決めないといけない。フォアのチャンスボールを反復練習して、自信をつけることは意味があると思います」

 同時に錦織は、チャンの要求に「対応しきれていない自分をもどかしく思う」こともあるが、「それをクリアできれば、またひとつレベルアップできる」という自分自身への期待もある。

「(チャンは)すごくまじめで、細かい。まだ彼の言うとおりにできない自分へのイライラがときどきある。彼の要求に応えることができるようになれば、もっと強くなっていけると思います」

 今回の全豪で錦織は、4回戦でナダルと当たるタフドローだったが、もしドローが異なっていたら、ベスト8以上に入れるクオリティーの高いテニスを見せていた。チャンと取り組んできた練習の成果も見て取れた。

 錦織が目指すのはグランドスラムでの優勝と世界ナンバーワンだ。そして今回、王者ナダルと戦って体感した世界の頂点との距離を、次のように語った。

「(目標までの距離は)正直よくわからないですね。近いような、まだまだ遠いような......。(ナダルと)ラリーをして、十分戦えるなというのは感じますけど、現実には、まだ彼から1セットも取れていないので......」

 その距離を縮めるために、今後もチャンのサポートは必要不可欠だろう。

「全部ではないですけど、(ツアーの)半分ぐらいは彼も一緒だと思います。練習もマイケルとしっかりやるのが一番大事だと思うので、もう一歩抜け出せるように、スケジュールを調整したい。トップ10に入って、グランドスラムでベスト8、ベスト4に入っていけるように頑張りたい」(錦織)

「これから圭と話し合って、今年中に達成すべき目標を決めていきたいですね」と語るチャンと、24歳になった錦織が、2014年シーズンにどんな化学反応を見せてくれるのか、期待は膨らむ。

神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi