左から門脇麦、道端ジェシカ

写真拡大

ヨガをテーマにした映画『シャンティ・デイズ 365日、幸せな呼吸』の製作が発表された。

【もっと大きな写真を見る】

映画『スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜』『愛の渦』などで注目を集める門脇麦と、モデルとしても活動し、今回が映画初出演となる道端ジェシカがダブル主演を務める同作は、境遇や価値観の違う2人の女性がヨガを通じて距離を縮めていき、恋や仕事、将来への不安を乗り越えていく姿を描いた作品だ。

青森訛りが抜けない本沢海空役に門脇、垢抜けた姿のヨガインストラクター兼モデルのKUMI役に道端ジェシカがキャスティングされている。監督・脚本は、映画『渋谷区円山町』『Little DJ〜小さな恋の物語〜』などを手掛け、自身もヨガに精通しているという永田琴。クランクインは1月15日から、公開は2014年内を予定している。

■門脇麦のコメント
私の役どころは、東京に憧れて青森から上京してきたいつも一生懸命な女の子の役です。撮影初日をむかえての感想は、いっけん交わることがなさそうな海空とKUMIとのやりとりが演じていてとても面白く、なんだか癖になりそうです。1ヶ月前くらいから津軽弁の練習など準備してきたので、いよいよ始まるなととても気合いが入ってます。海空ちゃんに負けないように一生懸命、そして楽しみながら最後まで頑張ります。

■道端ジェシカのコメント
初めての映画出演で、わからないことばかりですが皆さんのお力を借りて精一杯頑張りたいと思います。写真やCMでは、自分ひとりでやる事が多いのですが、映画の撮影に入り、一番違っているのが、他の方(俳優やエキストラの方がた)と一緒に演じる事。それがとても新鮮で面白い。毎日楽しんでいます。たとえば、台本を読んで、自分以外の役をこんなイメージなんだろうなと、勝手に想像していたのですが、実際、他の俳優さんが話すセリフを聞いてみて、自分の想像と違っていたりして、とっても面白いです。