『100,000年後の安全』DVDジャケット

写真拡大

原発の安全性を問うドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』が、本日1月22日12:00からUPLINKのオフィシャルサイトで無料配信される。

【もっと写真を見る】

2009年に公開された同作は、現在も4基の原発が稼働しており、今後も2基の増設を予定しているというフィンランドの原発から生まれる高レベル放射性廃棄物の処理にスポットをあてた作品。イデオロギー対立を超えた立場から地球の未来の安全を問いかけた内容は大きな反響を呼び、同作を観た小泉純一郎元首相は、映画本編にも登場するフィンランドの放射性廃棄物最終処理場「オンカロ」を実際に視察で訪れたという。

今回の無料配信では、日本語吹き替え版本編を2月10日12:00までYouTubeで視聴することが可能だ。なお、吹き替え版のナレーションは田口トモロヲが担当している。