PRGR新商品発表会に出席した矢野東(撮影:ALBA)

写真拡大

 横浜ゴムは21日(火)都内にてPRGR新商品記者発表会を開催。同会には同社契約プロの矢野東が登場し、新製品のプロモーションを行った。
松坂世代の優作ら…男子ツアー活性化のカギを握る30代
 この日発表されたのは「egg」ブランドの新製品『egg1(エッグワン)ドライバー』。ヘッドスピードの速いアスリートゴルファーを想定して設計された46インチの長尺ドライバーで、専用に設計した低トルクシャフトや7.5度の深重心ヘッドの相乗効果でやさしく「さらに飛ぶ」ドライバーに仕上がっているという。
 すでに新製品を試打したという矢野は「長尺ドライバーはスピンコントロールや高さの調節が難しくて、使いたくても使えない状況だったけど、これは凄く完成されている。従来の長尺ドライバーにあるマイナスポイントを感じませんでしたね」とクラブの完成度を絶賛。現在は44.5インチのドライバーをエースとして使用している矢野だが、「正直44.5インチ以上を使う気はなかったですけど、実際打つと面白いと思いました。オフの間に調整して試してみたい」と今季の実戦投入も示唆した。
 矢野は今後の予定について、「腰の状態があまり良くないので2月は国内でトレーニング中心に調整してそれを治したい」と話し、3月の「タイランドオープン」に備えてフィジカル中心に調整を重ねる意向を明かした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>