バンダイナムコ・DeNA共同出資会社、わずか2年で解散―伴いサービスゲーム終了

写真拡大 (全2枚)

 バンダイナムコホールディングスは1月20日、100%子会社のバンダイナムコゲームスとディー・エヌ・エーの共同出資会社『BNDeNA』を2014年3月をもって解散すると発表した。

【関連:ヒャッハー!船橋産梨汁入りの『ふなっしーグミ』新発売されるなっしー!】


 解散ついて同社では、「BNDeNAはスマートフォン向けアプリビジネスを通じ、両社の強みをもって人材交流・共有に取り組んできたが、設立当初に目指した面での成果を受け、発展的に解散する」とその理由を説明。
 今後は「バンダイナムコゲームスとDeNAとして、引き続き事業における協業展開を行っていく」としている。

 なお、今回のBNDeNA解散に関連しスマートフォン向けアプリ『マクロスSP クロスデカルチャー!!!』は2014年2月17日をもって、『ガンダムキングダム』は2014年3月20日をもってサービス終了予定。

□株式会社BNDeNA(ビー・エヌ・ディー・エヌ・エー)
資本金 1億円(出資比率:バンダイナムコゲームス75% DeNA25%)
設立日 2011年10月3日
所在地 東京都渋谷区
社長 鵜之澤 伸

参考・引用:
バンダイナムコ
BNDeNA