『医学的根拠とは何か』(津田敏秀/岩波新書) 帯の文「医師はなぜ判断を誤るか 福島、水俣、薬剤データ改ざん──すべて根は同じ」

写真拡大

“日本の医学専門家は科学的根拠に基づいた判断ができない。(…)根拠の優先順位を間違えたり、直感で判断し、間違った根拠を示す研究者があとを絶たない。その結果、序章に紹介するような事例をはじめ、数々の有名な事件において、対策の遅れと被害の拡大をもたらしてきた。むしろ、対策の遅れゆえに大事件に発展したと言える。”
津田敏秀『医学的根拠とは何か』(岩波新書)の「まえがき」からの引用だ。

序章で紹介されている事例は3つ。
1 放射線による発がんの可能性
2 水俣病の認定をめぐる最高裁判決
3 PM2.5──見過ごされた大気汚染問題

いずれの事例も「医学的根拠」が問題になっている。
医学的根拠とは何か?
本書は、「医学的根拠は三つ存在する」と主張し、こう解説する。
直感派:医師としての個人的な経験を重んじる
メカニズム派:生物学的研究の結果を重視する
数量化派:統計学の方法論を用いて、人間のデータを定量的に分析した結果を重視する。
そして、“医学においては、数量化の方法が、医師の個人的経験や実験室の研究結果に優先させるべき科学的根拠となっている”、と。

「放射線による発がんの可能性」について、“100ミリシーベルトを目安として「がんの増加が認められない」とする見解や報告は非常に多い”。
100ミリシーベルトに注目したこれらの記述や発言の集積で、日本、特に福島県ではまるで“100ミリシーベルト以下の被ばくでがんを発症しないかのように政策判断の基礎にされてきている”例も挙げられる。
だが、この100ミリシーベルトの放射線被ばくを、発がんの「閾値(しきい値)」のように考えるのは間違っている。
IXRPCやUNSCEARなどの国際機関は“放射線被ばくによるがんの発生に閾値はない”という考え方を維持している。

「統計学的な有意差がない」ということと、「影響がない(放射線被ばくによるがんが発症しない)」ということは、まったく違うことなのに、混同されてしまったのだ。
(もっと言えば、有意水準をどこに設定するかで、「有意差がない」「有意差がある」も変わってくる)。

“いったい、なぜ日本でこのような医学的根拠の誤解が生じてしまったのだろうか。”

「科学的根拠に基づく医学(EBM)」が日本で拡がらないことに、著者は苛立っていて、その思いが、本書『医学的根拠とは何か』には貫かれている。

第1章 医学の三つの根拠
“直感派、メカニズム派、数量化派”三つの医学的根拠の論争の歴史を振り返り、医学における科学的根拠とは何かを問いなおす。

第2章 数量化が人類を病気から救った──疫学の歩み
数量化の始まりから、現代までの疫学の歩みを紹介する。

第3章 データを読めないエリート医師
“数量化派を欠き直感派とメカニズム派だけが関与する中で、被害や混乱が増していった日本での事例を、根拠の問題に焦点をあてて紹介する。”
この章では、ふたたび「なぜ100ミリシーベルトか」の問題が取り上げられる。
専門家の発言や論文を取り上げ、直感派とメカニズム派をコテンパンに批判する。のだが、直感派・メカニズム派などという以前の問題であり、ただ金に目が眩んでるのか、洗脳に近い状態なのか、取り上げられる発言があまりにもお粗末である。
著者が憤るのも、もっともな話だ。

第4章 専門家とは誰か
どうして臨床研究が進まないのか、まともな臨床データ分析が出てこないのか、といった日本の医療組織の構造の問題が取り上げられる。

本書は、数量化派を支持するスタンスで書かれており、直感派(この直感派という名称も恣意的で、経験派とリネームすればまた大きく印象が変わる)やメカニズム派に対して、攻撃的だ。
数量化に対する専門家の無知さに対して、著者はよほど憤っているのだろう。
『医学的根拠とは何か』を、読み終わり唖然とした。
「医学的根拠」というものは、まだほとんど何もないに等しい状態であり、いまから、築きあげていかなければならないということに。(米光一成)