写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●後藤又兵衛役の三木「あんな子なんですけど……すいません」開口一番の謝罪1月23日にカプコンより発売される『プレイステーション3』用ゲームソフト『戦国BASARA4』を記念したイベント「バサラ祭2014 〜新春の宴〜」が19日、東京・新宿「日本青年館」にて開催され、豪華声優陣によるスペシャルトークショーや本作の最新情報、コラボ情報などが公開された。

今回のイベント前の注意事項に関するアナウンスは、石田三成(CV:関智一)と豊臣秀吉(CV:置鮎龍太郎)の掛け合い。竹中半兵衛がいないことに対して三成は「『秀吉の天下を取る夢が見られるまで僕は起きない』とのこと。二度寝の最中にございます」と秀吉に報告した。半兵衛を激怒するも秀吉は、「……寝かせておいてやれ」とやさしい口調でなだめると、三成は「は! ここに半兵衛様の二度寝を守ることを宣言します!」と答え、会場は爆笑に包まれた。また、少し台詞をかんでしまった三成に、「大丈夫か、三成?」と秀吉がやさしくフォローし、会場からあたたかい拍手が送られる一幕も。

イベントは「昼の部」と「夜の部」の2回公演となっており、今回取材した昼の部には、声優の岡本信彦(柴田勝家役)、三木眞一郎(後藤又兵衛役)、関智一(石田三成役)、保志総一朗(真田幸村役)、森田成一(前田慶次役)、置鮎龍太郎(豊臣秀吉役)、石野竜三(長曾我部元親役)、池田秀一(足利義輝役)の8名が集結した(出演が予定されていた島左近役・中村悠一は残念ながら体調不良により休演)。

まず、『戦国BASARA4』のドラマパートやオリジナルストーリーに、声優陣が生アフレコに挑戦する定番コーナー「戦国ドラマ絵巻」からイベントはスタートする。「柴田勝家 vs 豊臣秀吉」「島左近 vs 真田幸村/伊達政宗」「後藤又兵衛 vs 伊達政宗/片倉小十郎」などすべてが好カード。そして、「前田慶次 vs 足利義輝」では、友の死によって新たな決意を見せる前田慶次と、戦いへのたぎる思いに気づく足利義輝との熱い掛け合いが繰り広げられた。

その後、『戦国BASARA』シリーズの小林裕幸プロデューサーが登場し、声優陣を交えたトークコーナーに突入。人気キャラの伊達政宗や上杉謙信の命を狙う後藤又兵衛役の三木は、「あんな子なんですけど……すいません。よろしくお願いします」と開口一番の謝罪でファンの暖かい拍手を受けた。

また、柴田勝家役・岡本は、当初、叫ぶキャラクターをイメージしていたが、台本を見るとボソボソ口調ばかりで、「どこだ、叫ぶ台詞は?」と台本を探しまわったらしい。勝家に関しては、信長に反旗をひるがえし妖怪の王"怪王"を名乗っていたが、魔王に敗れて今のジメジメキャラになったというエピソードが明かされた。……続きを読む

(C)CAPCOM CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

●本イベント一番の大歓声が巻き起こった『戦国BASARA』TVアニメプロジェクト『3』では死亡していたが、今回復活を遂げた豊臣秀吉役・置鮎は「今回は豊臣軍が大軍勢でうれしい。さらに懐広い敵役を演じたい」と意気込みを語る。また、長曾我部元親役・石野は「今回、日ノ本は窮屈ということで異国の海を目指すことになり、シリーズの中では、大人になったかな。『4』にしてやっと」と役どころをアピール。そして、足利義輝役・池田は、久しぶりの時代劇で台詞も多く「少し大変でした」と吐露したが、「ここ2・3年おとなしくしていたが、今年はたぎってみようと思う」と宣言し、ファンは大歓声で応えていた。

続いてのコーナー「自信の武将を漢字一文字で表してみました」では、岡本はどん底からはいあがりたいということで"変"をチョイス。しかし、保志が出した漢字も"変"。まさかのかぶりでほかの声優陣から大ブーイングが起こる。「幸村はちょっとずつ変わっているが、本質は変わらないという意味。あと、ちょっとヘン」と解説するも、森田から「新春からお客さんが路頭に迷っています」とツッコミが入ってしまった。

イベントの最後は、小林プロデューサーによる『戦国BASARA』に関する情報が紹介された。まず、1月23日の『戦国BASARA4』の発売日から、伊達政宗の「特別衣装 DMCダンテVer.」(価格300円)を配信。小林プロデューサーは「以前、ダウンロードコンテンツとして、石田三成の『デビル メイ クライ3』のバージルVer.を発表したが、ダンテの衣装もほしいという要望が多かったので」と解説した。

次に、T.M.Revolutionによるオープニングテーマと、SCANDALのエンディングテーマを収録した『Count ZERO | Runners high 〜戦国BASARA4 EP〜』の発売日(2月12日)がアナウンスされたほか、GRAN CYBER CAFE BAGUS/コミックカフェBネットや、UHA味覚糖の『e-maのど飴』とのコラボ情報なども公開。また、1月21日よりJR新宿駅内において『戦国BASARA4』の全40武将のポスターが掲出されることも告知。さらに公式ファンクラブ「BASARA CLUB」のイベント『ファンミーティング2014春』の開催が決定し、公演は東京・大阪・名古屋の3会場で行われ、各会場には声優2人と舞台俳優2人が出演予定。詳しい情報は公式サイトまで。

そして、本イベント一番の大歓声が巻き起こった『戦国BASARA』TVアニメプロジェクト。放映時期や内容は不明だが、ファンにとってはこれ以上ないサプライズとなった。

そのほか、『戦国BASARA4』の実機を用いたゲーム対決なども行われ、最後は「1、2、3で……『BASARA4』!!」とコールし、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(担当ぱぴい)