gaudiinoue1

写真拡大 (全3枚)

日本スペイン交流400周年となった2013年〜2014年にかけて、これを祝うイベントが日本各地で数多く開催されている。ぜひこの機会に、数々のイベントを通して、スペインの新たな側面や魅力を発見してみたい。

そんな中、2014年7月12日(土)〜9月7日(日)まで、六本木・森アーツセンターギャラリーでの開催が決定したのが「特別展 ガウディ×井上雄彦 ─シンクロする創造の源泉―」だ。サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・ミラなど数々の独創的な作品を遺したアントニオ・ガウディと言えば、いわずと知れたスペインの建築家。一方、 日本の漫画家 井上雄彦は、『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』など国民的な人気漫画作品の作者。

左:アントニ・ガウディ(1878年頃)Foto: Audouard & C.a, Barcelona c Institut Municipal de Museus de Reus 右:井上雄彦 cI.T.Planning、日経BP社 (写真:川口忠信) 

本展覧会では、スペイン・カタルーニャ工科大学の監修のもと、素描、設計図、模型、家具等ガウディの偉業を紹介すべく、貴重な資料約110 点が展示されるとともに、『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』など国民的な人気漫画作品の作者、井上雄彦が資料だけでは伝えきれない“人間・ガウディ”像を鋭い観察力と創造力で描き、表現する。また井上氏が、ガウディの少年時代を描いた書き下ろし作品「トネット(Tonet)」が発表される。トネットとは、ガウディの少年時代の愛称で、バルセロナの南に位置する田舎町で生まれ育った少年ガウディの人間像を井上ならではの画力とストーリー性で浮き彫りにする。この夏、時空を超えた稀代のコラボレーション展に注目が集まる。

また本展は、東京展開催以後、2015 年7 月まで約1年間、金沢(金沢21 世紀美術館)、長崎(長崎県美術館)、神戸(兵庫県立美術館)、仙台(開催会場後日発表)で巡回展が開かれる。

左:井上雄彦 ≪トネット≫ 2013年 

■『特別展 ガウディ×井上雄彦−シンクロする創造の源泉−』
東京開催: 2014 年7 月12 日(土)〜9 月7 日(日) 森アーツセンターギャラリー(六本木)
主催: 東映、テレビ朝日、BS 朝日、朝日新聞社、森アーツセンター
後援: スペイン大使館、J-WAVE
協力: カタルーニャ工科大学、サグラダ・ファミリア建設委員会、聖家族贖罪教会文書館、アイティープランニング、日経BP 社
展覧会公式サイト: www.gaudinoue.com