水樹奈々、ナナフェス2日間で2万人動員―夏の全国ツアーを発表

写真拡大

 声優で歌手の水樹奈々が、2014年1月18日(土)と19日(日)、東京・有明コロシアムにて、“ナナフェス”こと『NANA WINTER FESTA 2014』を開催した。前回の公演から7年ぶりとなるスペシャルイベント。両日で計2万人のファンと過ごした、遊び心満載の“お祭り”ステージ。重大発表も飛び出した19日の模様を中心にレポートする。

【関連:『戦姫絶唱シンフォギア』第3期制作&ライブ映像化決定!「シンフォギアライブ2013」完全レポート】

NANA WINTER FESTA 2014


 コロシアムの中心に据えられたステージに水樹がポップアップで登場すると、360度全方位に着席していた1万人のファンが一斉に立ち上がった。ピンクのハートを散りばめた衣装で『ドラマティックラブ』などキュートなナンバーをラブリーに歌う。7年ぶりの“ナナフェス”に、会場は早くもお祭り騒ぎ! 早速、メインイベントの『あなたが選ぶNANAソンBEST10!』がスタートした。事前のファン投票で選ばれた人気楽曲のランキングを、カウントダウン形式で発表し、水樹が歌い上げていくコーナー(ナレーションは、あの小林克也!)。

NANA WINTER FESTA 2014

 曲ごとに歴代のライブ衣装に着替えるというお楽しみ企画や、所属レーベル・キングレコードの三嶋プロデューサーとの軽快なトークをはさみながら、アットホームな雰囲気でイベントは進行していった。第10位の『POWER GATE』から始まったランキング。第1位は、紅白歌合戦初出場曲であり、昨年初の海外公演を行った台湾でも人気ナンバーワンの『深愛』だ。粉雪のような光に包まれながら、切なくも情熱的に歌う水樹に、温かな拍手が巻き起こった。

NANA WINTER FESTA 2014

 イベント後半は、パーソナリティーを務めているラジオ番組『水樹奈々スマイルギャング』の公開収録が行われた。番組パートナー・福圓美里と、観客を巻き込んだ楽しいアトラクションを展開。水樹は”罰ゲーム”として空気イスに挑戦させられ、そのまま床に崩れ落ちるというユーモラスな姿も見せた。また18日は、もうひとつのレギュラーラジオ『水樹奈々のMの世界』の公開収録が行われ、サプライズゲストで小説家・意匠家の京極夏彦が登場。ベストセラー『絡新婦の理』の一節を、著者である京極と生で朗読。一夜限りの美声コラボに会場中が酔いしれた。

NANA WINTER FESTA 2014

 4時間を超えたイベントの終盤。「重大発表」として10枚目のオリジナルアルバムのリリースが告知され、アルバム収録の新曲『Ladyspiker』が初披露された。派手なマイクスタンド・アクションも飛び出した、ロックテイストのナンバーだ。熱気が増した会場に、ふたつ目のニュースとして、夏のライブツアー『NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014』の開催も緊急発表された。6月1日(日) 山梨県・富士急ハイランド コニファーフォレストから始まり、8月3日(日) 神奈川・横浜スタジアムまで、全国11会場(計14公演)を廻る。
 驚きと喜びの連続だったナナフェス。「絶対7年後もやろうね!」と約束し、4時間半のイベントは大盛り上がりの中、幕を下ろした。

NANA WINTER FESTA 2014

●夏のライブツアー「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」
2014年6月1日(日) 山梨/富士急ハイランド コニファーフォレスト
2014年6月8日(日) 長野/長野ビッグハット
2014年6月14日(土) 三重/三重県営サンアリーナ
2014年6月15日(日) 三重/三重県営サンアリーナ
2014年6月21日(土) 福岡/北九州メディアドーム
2014年6月22日(日) 福岡/北九州メディアドーム
2014年6月28日(土) 山口/防府市公会堂
2014年6月29日(日) 鳥取/米子コンベンションセンター BiG SHiP
2014年7月5日(土) 山形/やまぎんホール(山形県県民会館)
2014年7月6日(日) 宮城/東京エレクトロンホール宮城
2014年7月11日(金) 大阪/大阪市中央体育館
2014年7月12日(土) 大阪/大阪市中央体育館
2014年7月20日(日) 香川/さぬき市野外音楽広場テアトロン
2014年8月3日(日) 神奈川/横浜スタジアム

●10th Album『タイトル未定』
2014年4月16日発売予定
初回限定盤(CD+BD)¥3,600+税 KICS-93036
初回限定盤(CD+DVD)¥3,600+税 KICS-93037
通常盤(CD)定価¥2,800+税 KICS-3036
発売元:キングレコード

水樹奈々ホームページ:http://www.mizukinana.jp/

(写真:江藤はんな)