東京国立博物館と東京都美術館がコラボ「日本美術の祭典」開催☆

写真拡大

日本人の美意識が凝縮した日本画、伝統工芸品の数々。その魅力は21世紀に生きる私達にも、確かな“美”として響いてくるもの・・・。そんな、時代を超えて輝きを放つ日本の美術作品が、2014年の新春を迎えて、上野の森に集結! 東京国立博物館と東京都美術館のコラボレーションによって実現した、3つの展覧会を結ぶ特別なプロジェクト「トーハク×トビカン 日本美術の祭典」をご紹介。

東京国立博物館では、1月15日(水)から2月23日(日)まで、「日本伝統工芸展60回記念―生み出された美、伝えゆくわざ―」と、全米屈指の規模と質を誇る「クリーブランド美術館―名画でたどる日本の美」を同時開催。また、東京都美術館では「日本美術院再興100年特別展 世紀の日本画」を開催して、狩野芳崖、横山大観、前田青邨、平山郁夫など、近代日本画の巨匠たちによる代表作を一堂に展示。こちらは、1月25日(土)から2月25日(火)までの前期と、3月1日(土)から4月1日(火)の後期で開催。

特に「人間国宝展」では、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸などのジャンルから、すでに亡くなられた人間国宝(重要無形文化財の保持者)104名の作品を完全に網羅! さらに、1月中の平日は現役人間国宝によるギャラリートークを、13時30分から14時に開催。因みに、現在も活躍中の人間国宝は53名で、今回はその中から11名が参加されるとか。伝統を今に受け継ぐ名匠達の話を、直接聞けるチャンス!

「時代を超えて輝きを放つ絵画や工芸の作品に触れることで、さまざまな日本の美を再発見していただければと思います」と、広報担当の新山さん。

日本美術の粋が上野に集まる、またとないこの機会。素晴らしい「美」の三重奏を、三展コンプリートしてご堪能あれ!