死亡率を高める「お昼寝習慣」

ざっくり言うと

  • 「昼寝」時の眠り方によっては、身体や脳に悪影響を及ぼしてしまうと判明
  • アルツハイマーの発症率や死亡率が高まるという
  • 寝不足や疲労感のある時は、15分程度浅く眠るのが良いとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング