市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。毎日、本当に寒いですね! 走っていれば温かくなりますが、少しでも止まると身体の芯まで冷えてきます。先日、関東でも雪が降りました。雪が降ると、ついランニングをあきらめたくなりますよね? でも、きちんと準備すれば、雪ランも大丈夫なんです! というわけで今週のテーマは、「RUN×雪」。雪国のランナーに聞いた、雪が降ってもできるランニング方法を紹介します!

 雪がちらつくような寒い冬は、防寒対策をしっかりして、できるだけ快適なランにしたいですよね。最近、私が真冬にランニングするときのスタイルはこんな感じです。

○帽子...耳まですっぽり包んでくれるニット帽をチョイス。帽子もたまにアリ。
○手袋...こちらもニット素材。最近は手袋をはめたままスマートフォンを操作できるものを使ってます。
○靴下...足首より長めの厚手なタイプ。
○ネックウォーマー...できるだけ冷気を顔に当てたくないので、大きめを選んでます。
○レッグウォーマー...足首からひざまでを覆います。暑くなっても長さを調整できるので便利です。
○ウインドブレーカー...冷たい風を通さないタイプ。真冬ランには必須です。

 真冬ランのポイントは、「いかにして、外気に肌が触れないようにするか」ですね!

☆雪国ランナーに教えてもらった、ちょっとしたコツ!

 私には、東北・岩手に住んでいる女性のランニング友達がいます。ランナー歴は私より先輩で、中学時代、駅伝の選手だった彼女は、雪の日の走り方をいっぱい知っていました。そこで今回、彼女に教えてもらった「雪の日ラン」のコツを紹介します!

(1)まだ雪が地面に残っている日。

 雪は降ってないけど、まだ溶けきっていない状況ってけっこうありますよね。雪が残っていると、走ろうか、走るまいか、判断に迷います。ただ、雪国育ちの彼女が言うには、「走ることは可能」とのこと。人が歩くことのできるレベルの積雪なら、雪上用のランニングシューズで走ることができるんだそうです。雪上用のランニングシューズはソール部分がスパイクのように凹凸になっていて、実際に履いて走ってみたらすべりませんでした! また、こういう雪の残っている日は、日焼け止めをしっかりと塗ることもポイントなんだそうですよ。たしかに雪から反射する紫外線はすごく強いので、焼けないように気をつけましょうね!

(2)走る直前まで雪が降っていた日。

 たとえば、走ろうと思っていた朝まで雪が降っていた場合も、走るべきか否か、判断しづらいですよね。たしかに雪が積もっていると、危なそうです。雪に足がはまったりすれば、大きな事故のもと。ランニングはしないほうがいいですね。ただ、雪が原因でトレーニングしづらい環境の彼女は、公園に移動して走ることもあるんだそうです。なぜ、公園を選んだかというと、犬の散歩などで足場が踏み固められていることが多いからですって。ふんわり積もった雪も、しっかり踏み固められていれば、走るのも苦じゃないと言っていました。ただ、必ずしも安全とは言えないので、どうしても練習したいのであれば、慎重に足場をチェックしてから走ってくださいね!

(3)大雪や吹雪の日。

 この状況は残念ですが、外で走るのはあきらめてください。危険です。スポーツジムやランニングマシンなど、室内トレーニングに切り替えましょう。ただ、雪国に住んでいる彼女の自宅周辺には、スポーツジムがないのだそうです。その場合、どうやってトレーニングをするのでしょう? 聞いてみると、一番効率がいいのは「縄跳び」なんだそうです。場所をとらず、かつランニングに近いトレーニングができるんですって。さっそく私も、縄跳びに挑戦しました! 小学生以来でしたが、狭いスペースでも縄跳びってできるものですね。30〜40分ほど縄跳びをすると、大量の汗が噴き出してきました。手軽に安全にできる有酸素運動として、縄跳びはおすすめですよ!

【今週のRUN日記】

1月21日(土) 12キロ @目黒→世田谷
1月22日(日) 休足日
1月23日(月) 8キロ @渋谷→目黒
1月24日(火) 休足日
1月25日(水) 休足日
1月26日(木) 3キロ @目黒
1月27日(金) 10キロ @目黒

 今週の走行距離は33キロ。寒い日にランニングすると、のどに入ってくる風が冷たくて、耳も痛くなります。そんなときは自動販売機でホットドリンクを買って、のどや耳を温めています。ホットドリングはすぐに冷たくなってしまいますけど、その後で5キロほど走れば、今度は身体がホットに! すると、冷たくなったドリンクも気持ち良く飲めますね。寒さに負けず、この冬を楽しんで乗り切りましょう!

 LET'S RUN WITH ME!!

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。FMカオン(84.2MHz)パーソナリティ(月曜日担当)。TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」のコーナー『現場にアタック』キャスター(隔週火曜・毎週木曜)。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!