「森永うめ風味マミー」と「森永マミーみかん」

写真拡大

森永乳業は、同社のロングセラー乳酸菌飲料「森永マミー」シリーズから2014年1月21日に「森永マミーみかん」を、28日に「森永うめ風味マミー」を発売する。どちらも3月末までの期間限定販売。

昭和を感じる懐かしさと甘酸っぱさ

森永マミーは、1965年に90mlの瓶入りで販売を開始した。日々の健康をサポートする乳酸菌飲料として親しまれ、現在も様々な形で製品が提供されている。

「マミーみかん」には和歌山県産の温州みかん果汁を使用し、甘酸っぱくなつかしい味わいに仕上げた。

「うめ風味マミー」は、マミー飲料に甘酸っぱいうめを加え、程よい酸味、甘さ、うめの香りを楽しむことができる。

パッケージは昭和40年代のマミー発売当初使用していた瓶と、宅配牛乳の受け箱がモチーフ。30〜40代男性を対象に懐かしさを感じさせるデザインとなっている。

どちらも3月末までの限定販売。

森永マミーみかんは1000ml入りで、希望小売価格は税別200円。

森永うめ風味マミーは500ml入りで、希望小売価格は税別100円。