2014年から導入されたNISA(少額投資非課税制度)。毎年100万円ずつ投資でき、非課税期間は5年とされているが、ロールオーバーをすれば、さらに延長することができる。ロールオーバーとは、NISA口座で投資をして5年間経ったときに、口座にある金融商品を、翌年の新規投資枠にそのまま移管することだ。

 当然、利益が出ていて、100万円を超えていれば、そのまま移管することはできない。金融商品の一部、あるいは全部を売却して、100万円以下にする必要がある。非課税期間が延びると言っても、利益が出ている場合は新規投資と大きな違いはない。違いがあるのは、損失が発生しているケースである。

 5年間の非課税期間終了まで投資していたが、損失が発生しているとき、その時点で売却をしてしまうと、損失が確定してしまうことになる。NISAの非課税メリットは使えない。そして、もし同じ金融商品を翌年の新規投資枠で購入するのでは、売却と新規投資にかかる手数料分を支払わねばならない。

 同じ金融商品に投資するのであれば、そのままNISA口座にロールオーバーするのが賢明だろう。新たな非課税期間が始まり、その間に損失を取り戻し、さらに値上がりして利益が生じれば、非課税メリットを使えることになる。

 損失が出ている金融商品を、NISA口座から課税口座に移してしまうと、損失を取り戻したとしても、課税口座に移した時点からは値上がりしたことになるため、その上昇分については課税されてしまうことになる。やはり、同じ金融商品を持ち続けるのであれば、NISA口座へのロールオーバーがベストの選択となるのだ。

 ただし、ロールオーバーが使えるのは、2014〜2018年までに投資した分。ロールオーバーをすると5年間、非課税期間が延長されることになる。2019〜2023年に投資した分は、2023年に新規投資が終了してしまうため、ロールオーバーをすることはできない。

 なお、現時点では、NISA口座を開設する金融機関を変更したときに、ロールオーバーをすることになっても、新たに開設したNISA口座に移管できるとされているが、実際にそうなるかは確定していないことに注意してほしい。

※マネーポスト2014年新春号