就活生失格! 評価されないダメな自己PR例

写真拡大

自己PRは具体的かつ仕事にどう活かすことができるかを伝えることが大切です。しかし、多くの自己PRは全く評価されない自己PRとなっています。評価されないダメな自己PR例を紹介します。反面教師にしましょう。

こんな自己PRは評価されない

自己PR以前に自己紹介にしかなっていない。
自分の説明をしているだけで自己PRしていない。
だから何? と突っ込みたくなるようなしょうもない経験である。
頑張ったことだけを伝えている。
そもそも自己PRが強みになっていない。
自己PRが漠然としすぎ。
具体的な数字が書かれていない。
具体的な行動が書かれていない。
具体的に書きすぎて突っ込みどころがない。
自己PRが仕事にどう活かせるのかわからない。
論理性がつながっていない。
肩書だけをアピールしている。
資格だけをアピールしている。
資格マニアアピールしている。
ネットに転がってるテンプレート通りの自己PRになっている。
他人のすごい自己PRをパクっている。
就活のためだけのボランティア活動による自己PR。
役職サギをしている。
留学したのにTOEICが500点台。
遊んだだけの留学体験。
留学したのに日本人としか交流してない。
ただの旅行内容が自己PRになっている。
言われた通りのアルバイト体験。
遊んでただけのサークル活動。
受検を自己PRにしたのに受かったのは三流大学。
たった1日のインターンシップ体験をごもっともらしく書いちゃう。
英検4級の取得を自己PRにされても…
そもそも自己PRの内容自体がウソ。

いかがでしたか? 1つでもささることがあれば、その自己PRは危険です。

「就活に役立つ情報まとめ」の詳細を調べる