商品イメージ

写真拡大

富士ミネラルウォーター(東京都渋谷区)は2014年1月23日から「大寒の水」を生産数量限定で発売する。

「大寒の水」とは1 年のうちでも最も寒さの厳しい時期(今年は1月20日〜2月3日)に採水した水のことをいい、古来よりこの時期に汲んだ水は体に良いとされてきた。

富士山の標高840mで採水された水質はバナジウムを多く含んだ弱アルカリ性のまろやかな軟水で、旬のおいしさを体感できる。

1ケース12本入りで価格は2500円。