2014年に見ておくべき映画、厳選25本!【洋画編】

写真拡大

 
2014年の洋画は大作揃い! 『マイティ・ソー』『アメイジング・スパイダーマン』『X-MEN』などのアメコミ系や『ホビット』『トランスフォーマー』などの人気シリーズの続編が目白押しな上に、『ロボコップ』『GODZILLA』などリブートものもラインナップ。その他、有名俳優の監督作や賞レースの有力作まで、2014年の注目作・話題作を季節ごとにチェックしてみよう。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■冬:大作シリーズものVS.賞レースを席巻する実話系ドラマに注目

今年の賞レースを賑わせている『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『アメリカン・ハッスル』『ラッシュ/プライドと友情』など、70〜80年代の実話をもとにした注目作が続々公開に。そして『マイティ・ソー』『ホビット』『キック・アス』など、人気シリーズの最新作も登場。アツい映画を観て冬の寒さを吹き飛ばそう!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』1月31日(金)公開

ディカプリオ、悲願のオスカー獲得なるか!?

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが『ギャング・オブ・ニューヨーク』『ディパーテッド』『アビエイター』『シャッターアイランド』に続き5度目のタッグ! 

ウォール街で成功した後、証券詐欺で逮捕された男の栄枯盛衰を描く。レオは本作ゴールデン・グローブ賞を獲得。勢いに乗ってアカデミー賞もイケるか!?

『アメリカン・ハッスル』1月31日(金)公開

ジェニファー・ローレンスは今年もスゴい!

詐欺師がFBIのおとり捜査に協力するという、嘘のような本当の話“アブスキャム事件”を描いた注目作。

クリスチャン・ベールが九一分けヘアーの詐欺師、ブラッドリー・クーパーがくせ者FBI捜査官、そして詐欺師の妻役をジェニファー・ローレンスが演じている。ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門で三冠達成!

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』2月1日(土)公開

シリーズ2作目で“ロキ様”大活躍!

『アベンジャーズ』のメンバーのひとり、ソーを描いたシリーズ第2弾。恋人ジェーンを助けるために宿敵ロキに協力を仰いだソーが、強大な敵に立ち向かう。

絶大な人気を集めてきた悪役ロキが、今回はほぼ主役状態。ロキ役のトム・ヒドルストンも日本のファンの間で“トムヒ”という呼称が定着するなど、ブレイク間違いなし。

『ラッシュ/プライドと友情』2月7日(金)公開

感動必至! アドレナリン全開のF1映画

情熱的で自由奔放なジェームス・ハントと冷静な頭脳派のニキ・ラウダ。対照的なレーサー2人がデッドヒートを繰り広げた1976年のF1グランプリを『アポロ13』のロン・ハワード監督が映画化。

エキサイティングなレースシーンとドラマチックな人間ドラマが融合した究極のF1映画となっている。声優を務めたのはKinKi Kids。

『エージェント:ライアン』2月15日(土)公開

“ジャック・ライアン”シリーズが復活!

『レッド・オクトーバーを追え!』のアレック・ボールドウィンから、ハリソン・フォード、ベン・アフレックと受け継がれてきたCIAスパイのジャック・ライアン役が、『スター・トレック』シリーズのクリス・パインにバトンタッチ。

ルーキー時代のライアンを描いたエピソードゼロとなっている。監督&悪役はケネス・ブラナー。

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』2月22日(土)公開

ジム・キャリーがマスク姿で参戦!

通販で買ったコスチュームを着て“素人ヒーロー”となった少年の活躍を描いた『キック・アス』が戻ってきた! 

前作の敵であるレッド・ミスト改めマザー・ファッカーが悪の軍団を結成。キック・アス、ヒット・ガールの前に立ちはだかる。正義のヒーロー、スターズ・アンド・ストライプス大佐役で参戦したジム・キャリーにも注目!

『ホビット 竜に奪われた王国』2月28日(金)公開

竜役はベネディクト・カンバーバッチ

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの前日譚である『ホビット』シリーズ第2弾。

ホビット族のビルボたちが凶悪なドラゴン“スマウグ”の住む山を目指す。スマウグの声とモーションキャプチャーでの演技を担当したのは、英国の人気俳優ベネディクト・カンバーバッチ。オーランド・ブルーム演じるレゴラスも本作から登場!

■春:俳優と監督の二足のわらじを履く有名スターたちに注目

ジョージ・クルーニーとベン・スティラーが監督&主演を務めた作品が登場(ジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督デビュー&主演した『ドン・ジョン』も3/15に公開)。他にもアカデミー賞で『ゼロ・グラビティ』と並ぶ有力作と言われている『それでも夜は明ける』、二大スターが激突する『リベンジ・マッチ』などに注目!

『それでも夜は明ける』3月7日(金)公開

奴隷制を描いたアカデミー賞有力作

拉致されて奴隷生活を強いられた黒人音楽家の12年間を描いた伝記ドラマ。

ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で『ゼロ・グラビティ』などを抑えて作品賞を獲得した。主演は『キンキーブーツ』のキウェテル・イジョフォー。他にもマイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットとキャストも超豪華。

『ロボコップ』3月14日(金)公開

“ロボコップ”が黒いボディでカムバック

1987年に大ヒットしたボール・バーホーベン監督の『ロボコップ』が、27年の時を経てリブート。

2028年のデトロイトを舞台に、瀕死の重傷を負って“ロボコップ”となった警察官の戦いを描く。主演はスウェーデン出身の新鋭、ジョエル・キナマン。ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソンらベテラン勢が脇を固める。

 『LIFE!』3月19日(水)公開

ベン・スティラーが監督に立候補した感動作

伝統ある雑誌『LIFE』の写真管理部で働くウォルターは、地味で冴えない男。オンラインへの移行が決まった『LIFE』の最終号を飾る表紙用写真のネガを探しに壮大な旅に出る……。

主演だけの予定だったベン・スティラーが、脚本を読んで監督することを熱望したという感動作。主人公が行方を追う著名なカメラマン役にショーン・ペン。

『ローン・サバイバー』3月21日(金)公開

ネイビーシールズ最大の惨事を再現した壮絶アクション

アメリカ海軍特殊部隊“ネイビーシールズ”の隊員4人が、200人以上の敵兵に攻撃され、たった一人が生還したという2005年の「レッド・ウィング作戦」。その唯一の生存者が作戦の全容を綴ったベストセラー小説『アフガン、たった一人の生還』を映画化。

主演はマーク・ウォルバーグ、監督は『ハンコック』のピーター・バーグ。

『リベンジ・マッチ』4月4日(金)公開

スタローンとデ・ニーロがボクシング対決!

シルヴェスター・スタローンとロバート・デ・ニーロが、30年のブランクを経て試合に挑むボクサー役で競演。

つまりは『ロッキー』VS.『レイジング・ブル』! 遺恨を残したままのライバル同士が、テレビの企画で闘うことになる……というアクション・コメディ。67歳のスタローンと70歳のデ・ニーロの体を張ったバトルは必見!

『ミケランジェロ・プロジェクト』4月公開

世界的な美術品を奪還した男たちの実話を映画化

ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』など、ナチスに略奪された美術品を取り戻すために7人で結成された“モニュメンツ・メン”。実在したプロジェクト・チームの驚くべきミッションを描いたサスペンス大作だ。

監督&主演はジョージ・クルーニー。マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイら豪華キャストが集結!

■GW:マーベル原作の大作映画が揃い、ゴールデンウィークは大混戦!?

ディズニーの『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、ソニーの『アメイジング・スパイダーマン2』、FOXの『X-MEN:フューチャー&パスト』。マーベル・コミックス原作の3本による興行バトルが勃発!? かつてないほどアメコミ映画が充実したゴールデンウィーク、もちろん映画ファンは3本とも観るしかない!

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』4月19日(土)公開

キャプテン・アメリカにロマンスの噂!?

アベンジャーズのヒーローの中で最も生真面目なイメージのキャプテン・アメリカだが、今回は共闘するブラック・ウィドウとロマンスの噂が!? ブラック・ウィドウやニック・フューリーらアベンジャーズの面々に加え、鳥類と会話でき、飛行能力のある新キャラ、ファルコンも登場。そして、強大な敵ウィンター・ソルジャーとは!?

『アメイジング・スパイダーマン2』4月25日(金)公開

3人の敵が現れ、スパイダーマン最大のピンチ!

人気シリーズのリブートとしてヒットした『アメイジング・スパイダーマン』の続編。今回の見どころはジェイミー・フォックス、デイン・デハーンらが演じる個性豊かな悪役たち。電気を操るエレクトロ、緑のグライダーで飛行するグリーン・ゴブリン、サイのような鋼鉄アーマーを駆使するライノが、スパイダーマンに襲いかかる。

『X-MEN:フューチャー&パスト』5月公開

過去と未来のキャラクターがまさかの共演!?

ミュータント存亡の危機を救うため、ウルヴァリンはプロフェッサーXの指示で過去へと時空移動。若き日のプロフェッサーXを探し出し……。2000年の『X-メン』からスタートしたシリーズ3作と、その前日譚である『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のキャストが合体。過去と未来を股にかけた壮大なバトルが繰り広げられる。

■夏:日本起源のハリウッド大作が今年も続々と逆輸入!?

昨年、『ウルヴァリン:SAMURAI』『パシフィック・リム』『47RONIN』など日本関連のハリウッド大作が話題となったが、今年も『ゴジラ』を再びハリウッドリメイクした『GODZILLA』、日本のライトノベルを映画化したトム・クルーズ主演作『ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル』など、そのトレンドはまだまだ続く。

  『トランセンデンス』6月28日(土)公開

ジョニデが人工知能を演じるSFスリラー

近年、素顔で出演している映画が非常に少ないジョニー・デップだが、今回は白塗りなし。ただし、演じているのは人工知能! 凶弾に倒れた科学者が、妻の手で人工知能にアップロードされ、驚異の進化を始める……。

『インセプション』の撮影を担当したウォーリー・フィスターが監督、製作総指揮はクリストファー・ノーラン。

『300 帝国の進撃』6月公開

今度は海で繰り広げられる古代ギリシャの戦い

スペクタクル巨篇『300<スリーハンドレッド>』の続編。

ザック・スナイダーは製作と脚本、新鋭のノーム・ムーロが監督を務める。今回は、海を舞台に船上で激しい肉弾戦が繰り広げられる。そして、前作で主人公レオニダスの前に立ちはだかったペルシャ王クセルクセスと、女提督アルテミシアの謎めいた関係が明らかになる。

 『GODZILLA』7月25日(金)公開

日本が誇る怪獣“ゴジラ”が再びハリウッドを襲撃!

1998年版『GODZILLA』とは制作会社もスタッフも異なり、前回のようなイグアナ風ゴジラではないことが明らかになっているだけに、期待大。

監督は『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズで、主演は『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン。渡辺謙、オリジナル版に出演していた宝田明の日本勢も出演。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』7月公開

ライトノベルの主人公をトム・クルーズが演じる!

桜坂洋による日本のライトノベルを『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督が映画化。しかも主演はトム・クルーズ! 

近未来、宇宙からの侵略者に防戦一方の地球防衛軍。ウィリアム・ケイジ中佐は戦死してしまうが、次の瞬間、戦場に赴く直前に戻っていた……。共闘する女戦士を演じるのは、エミリー・ブラント。

『トランスフォーマー ロストエイジ』8月公開

オプティマス・プライムも新デザインに

日本の玩具をもとに映画化した人気シリーズ『トランスフォーマー』の第4弾。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から4年後の世界が描かれる。マイケル・ベイ監督はキャストを一新し、マーク・ウォルバーグが主人公の整備士ケイドを演じる。ケイドはシングルファーザーということで、これまでよりやや大人向け?

■秋冬:まだ全貌が見えない注目の作品が数多くスタンバイ!

秋以降も、人気シリーズの続編やリブートなど注目作が続々。『アベンジャーズ』シリーズとの合流が期待される新シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー(原題)』(9/13公開)、ウォシャウスキー姉弟によるスペース・オペラ『ジュピター・アセンディング(原題)』など、まだ全貌が見えないビッグ・プロジェクトも!

『インターステラー(原題)』12月公開

鬼才クリストファー・ノーランによる謎のSF映画

『ダークナイト』シリーズを終えたクリストファー・ノーランによる監督最新作。

飛行機開発や宇宙遊泳の記録映像を使った謎の予告編が公開されただけで、内容は極秘のまま。マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チェステイン、エレン・バーンスティン、マイケル・ケインら豪華キャストは明らかになっている。

『エクスペンダブルズ3』14年公開

ハリソン・フォードら新メンバーが加入!

スタローン、シュワ、ブルース・ウィリスの3大アクションスターが競演した『エクスペンダブルズ』シリーズ第3弾。

ブルースが離脱したかわりに、ハリソン・フォード、アントニオ・バンデラス、そして“アクション番長”こと『ブレイド』のウェズリー・スナイプスが加入決定! さらに、悪役はメル・ギブソンが務めている。

 『ザ・レイド GOKUDO』14年公開

インドネシアの特殊部隊VS.日本のヤクザ

2012年に日本公開されると、その過激なアクションで話題を集めたインドネシア映画『ザ・レイド』。その続編となる『ザ・レイド GOKUDO』では、タイトル通り、日本の極道が参戦。しかも、演じているのは松田龍平、遠藤憲一、北村一輝という日本が誇る豪華なメンツ。イコ・ウワイスの超絶アクションに日本勢はどう挑むのか!?

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』14年公開

進化し続ける猿たちが人類に襲いかかる!

『猿の惑星』の前章として製作された2011年の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウィルスで絶滅の危機に瀕した人類と、高度な知能を身につけた猿たちとの戦いが描かれる。

監督は『クローバーフィールド HAKAISHA』『モールス』のマット・リーブス。出演は、ゲイリー・オールドマン、ジェイソン・クラークなど。


こちらのレポートもどうぞ!
2014年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20341 ]
イーサン・ホークが語る『ビフォア・ミッドナイト』 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20180 ]
伝説のSF小説『エンダーのゲーム』がついに実写化 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20176 ]
『究極のラーメン』読者が選んだ! ラーメン店“神7”【首都圏】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19980 ]
自称・アニオタが選ぶ「2014冬アニメ」オススメ作品10選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19885 ]