デトロイトモーターショーでニュー911タルガ4、タルガ4Sがワールドプレミア
P14_0003.jpg日本. ポルシェAGが、デトロイトモーターショー(NAIAS)のプレスデイ初日、2014年1月13日に行ったプレスカンファレンスにおいて、ニュー911タルガ4および911タルガ4Sを発表しました。


(写真は、ニュー911タルガ4および911タルガ4S)

 
新しく生まれ変わった911タルガは、クラシカルなタルガのコンセプトと最先端のルーフテクノロジーを融合した初めてのモデルです。伝説の初代タルガ同様、ニューモデルのタルガにも特徴的なワイドBピラーを備えています。フロントシート上方のルーフセクションが可動式となっており、Cピラーは省略されリアウインドウがサイドに回り込むように設定されています。クラシックモデルとの相違は、ニュータルガのルーフシステムはボタンひとつで開閉できることです。ボタンを操作すると、フルオートマチックのルーフシステムがコンバーチブルトップをリアシートシステム後方に格納し、良好な視界を確保しています。リアアクスルの荷重が大きい911用に設計された標準装備のポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)4WDはポルシェの特徴であり、また、この最新の911があらゆる路面、あらゆる天候で最適なドライビングダイナミクスを発揮することを保証します。


P14_0004.jpg
クラシカルなタルガのコンセプトと最先端のルーフテクノロジーを融合した初めてのモデルです。


 
これらの特徴を与えられたニュー911 タルガは、1965年にデビューしたクラシックモデルを高品質かつ革新的に再現して登場します。このモデルは、911 カレラ4 カブリオレの各モデルと非常に多くの共通点をもちます。ウインドウラインまでは、これらのモデルのテクノロジーおよびボディはほとんど同一です。4WDモデルの特徴でもあるワイドなリアエンド、タルガバーおよびドーム型のリアウインドウによって、この最新の911はきわめてスポーティな外観とワイドなプロファイルに仕上げられています。


P14_0021.jpg1965年にデビューしたクラシックモデルを高品質かつ革新的に再現して登場します。


 
先代モデルと同様、新世代のタルガも2バージョンが用意され、いずれも4WDとなっています。911 タルガ4は、350 PS(257 kW)を発生する水平対向3.4リッターエンジンを搭載しています。ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)およびスポーツクロノパッケージを装備したこのモデルは、0 〜 100 km/hをわずか4.8 秒で加速し、最高速度は282 km/hに到達します。NEDC(新欧州サイクル)における燃費は 8.7リッター/100 km、CO2排出量は204 g/kmとなっています。トップモデルは911 タルガ4Sで、排気量3.8 リッターで400 PS(294 kW)を発揮します。PDKおよびスポーツクロノパッケージを装備した場合、このモデルの最高速度は296 km/hに達し、0 〜 100 km/h加速タイムは4.4秒をマークします。NEDCにおける燃費は9.2リッター/100 km、CO2排出量は214 g/kmとなっています。これらの数値で、911 タルガ4Sはエンジンおよび走行性能、さらに効率の点で911 カレラ4カブリオレが打ち立てた高い基準に並びます。いずれのモデルも、Euro 6排出ガス規制に適合しています。
 
 
 【問】ポルシェ カスタマーケアセンター Tel:0120-846-911


■関連記事
映画『ラッシュ/プライドと友情』にタグ・ホイヤーのF1への貢献を見る
ランボルギーニがガヤルドの後継車「ランボルギーニ・ウラカン LP 610-4」を発表
マセラティ初のミドルセダン、ハイエンドEセグメント 新型「マセラティ ギブリ」2モデルを発表