Google、医療用コンタクトレンズの開発計画を発表

写真拡大

Googleは16日(米国時間)、「smart contact lens project」(スマートコンタクトプロジェクト)を発表した。

開発は、Google[X]と呼ばれる最先端研究所で行われており用途は医療用。主に糖尿病患者の血糖値管理補助を目的に研究が進められている。

超薄型センサーと無線チップが埋め込まれており、運動や食事、発汗などで変動しやすい血糖値を涙に含まれるグルコースで測定し管理できるという。将来的には血糖値レベルに応じて使用者に警告する機能も搭載したいとしている。

なお、開発は初期段階であるものの臨床は既に数回実施済。実用化時期については未定となっている。

【関連:Googleで「斜め」と検索してみると……】

Hand holding - zoomed in


参考・引用:
Google|Introducing our smart contact lens project