クロエ 2014年春夏広告に女優ルー・ドワイヨン起用

写真拡大

 「Chloé(クロエ)」が、2014年春夏シーズンの広告キャンペーンに同ブランドの新しいミューズとして女優のLou Doillon(ルー・ドワイヨン)を起用した。撮影はInez van Lamsweerde(イネス・ヴァン・ラムズウィールド)とVinoodh Matadin(ヴィノード・ マタディン)のデュオが担当している。

クロエの広告にルー・ドワイヨンの画像を拡大

 「Chloé」は2014年春夏シーズンは、「夏の終わりの週末、差し込むゴールドの光、うららかさ、笑顔と囁き、想い出、共謀」をキーワードに、友情、姉妹関係を表現。ルー・ドワイヨンの他、ドイツ出身のJulia Stegner(ジュリア・ステグナー)を起用し、時間や場所、空間、ムードなどなどを想像させる詩的で芸術的な作品に仕上げたという。クリエイティブ・ディレクターClare Waight Keller(クレア・ワイト ・ケラー)は、「女性が二人きりで過ごしている時の気楽な瞬間を切り取りたかったのです。まとっているマスクを全て脱ぎ 捨て、すべてがナチュラルで心地よい時間。そんな時間を共有している瞬間を見せたかったのです」とコメントしている。

 ルー・ドワイヨンは、フランス出身の現在31歳。イギリス人女優Jane Birkin(ジェーン・バーキン)の娘としても知られている。近年では「H&M(エイチ&エム)」と「ISABEL MARANT(イザベル マラン)」のコラボコレクション「Isabel Marant pour H&M」の広告ヴィジュアルにも登場した。