松本大洋の漫画『ピンポン』がアニメ化され、4月からフジテレビ系深夜番組枠「ノイタミナ」で放送される。

1996年から1997年にかけて『週刊ビックコミックスピリッツ』で連載された『ピンポン』は、高校の卓球部に所属する幼馴染みのペコとスマイルの活躍と友情を描いた青春漫画。2002年に曽利文彦監督、宮藤官九郎脚本で映画化され、ペコ役を窪塚洋介、スマイル役を井浦新、2人のライバルであるドラゴン役を中村獅童が演じた。

テレビアニメ版では、共に『文化庁メディア芸術祭アニメーション部門』大賞に輝いたアニメーション映画『マインド・ゲーム』、テレビアニメ『四畳半神話大系』などを手掛けた湯浅政明が監督を務める。キャストやアニメーション制作スタッフなどは後日発表される。オフィシャルサイトでは、ペコがボールを打ち返すアニメーションも盛り込まれたCM映像が公開中だ。