「ガンダムオリジナルビデオアニメーションの世界」を開催

写真拡大

東京・お台場の「ガンダムフロント東京」では2014年1月17日から3月6日にかけて、企画展「ガンダムオリジナルビデオアニメーションの世界」を開催する。13年の春から実施している「企画展リレー」の第6弾で、今回はガンダムシリーズの中でもオリジナルビデオアニメーション(OVA)と呼ばれる作品群にスポットを当てる。

キャラクターフォトスポットにセイとレイジが登場

『機動戦士ガンダム0080』や『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』等をとりあげ、テレビ版のアニメーションとは一味違った魅力を紹介する。

また、同時期・同会場では、いよいよクライマックスを迎える「SEED&DESTINY HD リマスター展」も開催する。

さらに17日からは「ガンダムフロント東京」のエクスペリエンス・フィールド内(有料ゾーン)にある「キャラクターフォトスポット」に、50人の新規キャラクターを追加。ガンダムシリーズ各作品から人気の高いキャラクターが登場するほか、現在絶賛放送中のアニメ「ガンダムビルドファイターズ」から、イオリ・セイ、レイジ、コウサカ・チナ(委員長)、イオリ・リンコ、ユウキ・タツヤといったキャラクター達が満を持して登場する。

開催期間にあわせ、グッズも新たに販売する。17日からは大好評で完売となった「量産型ザクッション」に続く「シャア専用ザクッション」(3980円)が登場するほか、25日からは企画展と連動したオフィシャルグッズとして、クリアファイルセット(2枚セット、600円)とポストカードセット(2枚セット、200円))などを発売する。