女性の性愛についての意識は、ずいぶんと変わってきています。その一例として挙げられるのが、女性監督が手がける女性向けAVレーベル「シルクラボ」作品の大ヒットです。同レーベル所属の男優「エロメン」は、AVの枠を超えた活躍をみせ、出演イベントが即日完売し、テレビで特集を組まれるほどの人気を集めるようになりました。

女性は今、性に対してオープンになることを選んでいるのでしょうか。老舗女性誌『婦人公論』から誕生した増刊『快楽白書』は、創刊以来、セックスレスの悩みや快感への欲求、更年期に揺れる女性たちの心や体の問題を追い続けてきました。そのなかで、平均年齢52.6歳の読者114人におこなったアンケートは、現代女性の性の実態を浮き彫りにしています。

アンケートによると、セックスの頻度は平均月に2.4回。そのうち「毎日」と答えたツワモノは51歳と69歳でした。もっとも多かった回答は「月に1〜2回」ですが、「夫とのセックスでは若い頃のように満足できないから、マスターベーションも楽しんでいます」(50歳・パート)といった声も。また、回答者の78%が「アダルトビデオを見たことのある」と答えています。

「このまま一生、セックスしたい?」という質問に対し、「したい」と答えているのは42%。「できるなら一生セックスしたいが、夫以外に相手がいないのでしたくてもできない」(55歳・主婦)といった本音もうかがうことができます。

"エロスの伝道師"壇蜜さんのインタビュー、一徹さん、月野帯人さん、倉橋大賀さんら人気エロメンたちのインタビューや撮りおろしヌードグラビアなど、大人の女性が楽しめるコンテンツも満載。"多感な性"と向き合う女性たちの実態が見えてくる一冊です。

■関連リンク
快楽白書公式ウェブサイト
http://www.keraku.jp/keraku2014.html



『婦人公論別冊 快楽白書2014 2014年 1/15号 [雑誌]』
 著者:
 出版社:中央公論新社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
ドラマの主役になる時代もあった「フリーターという生き方」
「スタメンは選手が決める」 ボトムアップで日本一を目指すサッカー部
本田圭佑 高1から「ここは俺が蹴る」と自己主張していた


■配信元
WEB本の雑誌