『アメリカン・ハッスル』 ©2013CTMG

写真拡大

映画『アメリカン・ハッスル』が、1月31日から東京・有楽町のTOHOシネマズみゆき座ほかで公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』などで知られるデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作。1970年代後半に実際に起こったアメリカの汚職スキャンダル「アブスキャム事件」をもとに、FBI捜査官に捜査協力を強いられた天才詐欺師が政治家たちと巧妙な騙し合いを繰り広げる様子をユーモラスに描いた作品だ。

詐欺師のアーヴィン・ローゼンファルド役を『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが演じるほか、アーヴィンのビジネスパートナーで愛人のシドニー役に『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス、FBI捜査官リッチー役に『世界にひとつのプレイブック』のブラッドリー・クーパー、アーヴィンの標的となるカーマイン市長役に『アベンジャーズ』のジェレミー・レナー、アーヴィンたちを妨害しようとするアーヴィンの妻ロザリン役にジェニファー・ローレンスがキャスティングされている。

なお同作は、1月12日に発表された『第71回ゴールデングローブ賞』でミュージカル・コメディー部門の作品賞に輝いたほか、エイミー・アダムスが主演女優賞、ジェニファー・ローレンスが助演女優賞を獲得している。