靖国神社に放火目的で侵入したとして、放火予備と建造物侵入の罪に問われた韓国籍のカン・ヨンミン被告に対する初公判が2日、東京地裁で開かれた。カン被告は「危険な行為を深く反省する」、「日本の国民の怒りを買い、申し訳ない」と謝罪した。(イメージ写真提供:(C)Hirotaka Ihara/123RF.COM)サーチナ

靖国神社「A級」分祀は無意味か

ざっくり言うと

  • 靖国神社「A級戦犯」を分祀したとしても、中韓には無意味だと筆者は指摘
  • 次は「BC級戦犯」に焦点を当て反日を仕掛けてくるのは明らか、とのこと
  • 韓国に至っては、もともとA級とBC級を分ける発想があまりないとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング