なぜ赤西と本田が?「世界で最もハンサム」はこんな顔
 米映画サイト・TC Candler.comがユーザー投票による「世界で最もハンサムな顔100人」を発表しました。このサイトは1990年から「世界で最も美しい顔100人」(女性)を毎年発表して話題になりますが、その男性版を今回初めて発表したわけです。

 トップ5は、映画好きにとってはおなじみの名前が多いですが、そのお顔を拝見してみましょう。

⇒【写真】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=63140

1位に輝いたのはマイケル・ファスベンダー(ドイツ出身)。映画『SHAME -シェイム-』でセックス依存症の男を演じて絶賛された人です。今年はもうじき『それでも夜は明ける』が日本公開になりますね。

 2位はテレビドラマ「トゥルーブラッド」で人気のアレキサンダー・スカルスガルド(スウェーデン出身)。日本人はあまりなじみがないかも?

 3位はこの手のランキングの常連、ライアン・ゴズリング(カナダ出身)。映画『ドライヴ』を見て萌えない女はいないでしょう。

 4位はイドリス・エルバ(イギリス出身)。映画『パシフィック・リム』でおなじみですね。

 5位はスティーヴン・アメル(カナダ出身)。ドラマ『ARROW/アロー』の主演で、アメリカでは大人気です。

 さて、日本からトップ100入りしたのは、サッカーの本田圭佑(58位)と、金城武(81位)、元KAT-TUNの赤西仁(83位)の3人。かなり不思議な人選ではあります。

 本田は確かにヨーロッパで知られているでしょうし、金城武は香港・中国映画で知られています。

 でも、なぜ赤西仁? 海外で知っている人はどのぐらいいるの? 仮に日本人が投票したとしても、並みいるジャニーズ軍団の中でなぜ赤西? 先日女子SPA!でもご紹介した「ジャニーズタレント好感度調査」で、赤西は女性が選んだランキングの30位にも入っていなかったのに……。謎は尽きません。

 ちなみに、このサイトは、TC Candler氏という個人が運営している映画サイト。1972年ロンドン生まれ、米国在住で、インディペンデントな映画批評家でありプロのポーカープレイヤーだという人です。
 ネットでのユーザー投票といっても、回答者数やその信頼度はいまひとつわからないのですが、「美しい顔100人」は毎年かなり話題となります。男性版は、セクシーだし俳優としてカッコいい人ばかりですが、「造形的にハンサムか?」と言われると微妙な気もしますね。

※女性版はコチラ⇒2位にコリアン、「世界で最も美しい顔」ベスト5はこんな顔(http://joshi-spa.jp/57363)

<TEXT/女子SPA!編集部 PHOTO/Featureflash ,Sbukley , Carrienelson1,Diamantis Seitanidis>