バッテリー界の新たな救世主となるのでしょうか

テキサス大学アーリントン校の研究員や電気工学の教授が、発電可能な1.8ミリの極小風車を開発しました。大学の公式ページにて発表されています。

1.8ミリというと分かりにくいですが、「米粒に10本挿すことができる」と書かれています。どれほど小さいのか、よくお分かりになっていただけるでしょう。

将来的には、この風車でスマホの充電ができるようになるかもしれないそうです。ジャマいならない所に大量に取り付けることで、本体を振ったり、風の強い日に置いておくだけで充電できるようになるだろうとのこと。


スマホが世に出回って以来、バッテリーの研究は今までに上に盛んに行われてきました。しかし、未だ劇的な進化といえるほどの発展はしていません。

そんな中、まさか風力発電という方向で来るとは、予想していませんでした。意外な所に、発展の可能性が眠っているものなのですね。


もちろんこの風車は、スマホ以外にもさまざまな分野に応用されていくことでしょう。災害時に電気が使えなくなったときなど、活躍してくれそうです。

実際どの程度発電できるのかや、スマホのどこに取り付けるのかといった疑問はあります。しかし、もしも実現されれば、バッテリー業界に革命が起きそうですねー。


TECHNOLOGY USES MICRO-WINDMILLS TO RECHARGE CELL PHONES[テキサス大学アーリントン校 via GIGAZINE]

(コンタケ)