結婚したら仕事はどうする?「専業主婦になりたい15.3% 朝起きたくないから」

写真拡大

人生の一大イベントである結婚。これを機に「家族としてのライフプラン」について考え始める方も多いのでは? そこで気になるのが、女性の働き方についてです。みんなは結婚後、どのように働きたいと思っているの? アンケートでリアルな声を聞きました。

Q.あなたの、結婚後の理想の働き方とは?

このまま正社員で働き続けたい 45.7%
パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい 37.7%
専業主婦になりたい 15.3%
その他 1.3%

多くの女性が働き続けることを希望しているよう。中でも「このまま正社員で」と考える女性の割合が高い結果となりました。

■このまま正社員で働き続けたい

・「専業主婦になれるほど、裕福ではないから」(26歳女性/情報・IT/技術職)

・「旦那に気後れするようなのは嫌だから」(28歳女性/通信/事務系専門職)

・「正社員のほうが産休育休を取りやすい。子どもが大きくなったときに再就職しなくていい」(29歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

正社員にこだわる理由として「自分でも稼ぎたい(自立していたい)」「働き方を考えるのは子どもが生まれてから」「子どもを考えていない」など、さまざまな意見が挙げられました。結婚後、どれくらいで子どもを望むのか、もしくは望まないのかという人生設計によっても、理想は変わってくるのかも……。

■パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい

・「仕事においては正社員が理想だけど、時間に制約ができてしまうのは子どもを考えると困難だと思えるから」(29歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「大企業でない限り、十分な産休等もらえないだろうし、家庭のことで仕事に迷惑をかけて後ろ指さされるよりはパートとかで働きたい」(32歳女性/その他/その他)

・「仕事を1日に5時間程度やって、他を家事や自分の時間に割り振りたい。家事分担といっても、女性と男性ではやはり得意分野がちがうし、任される期待感もちがうから、女性が家事多めにやって、旦那の帰宅を(時間、気持ちともに)余裕を持って迎えたいと思うので」(31歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

家庭での自分の立場をこなしながら、社会とのかかわりも保ちたい。バランス重視の女性意見です。結婚後の生活にもフレキシブルに対応可能? ただ、中には「本当は正社員で……」という気持ちを持つ女性もいるよう。女性が子どもを育てながら、安心して仕事ができる環境が整ったら、また違った結果が出るのかもしれません。

■専業主婦になりたい

・「子どもを自分で育てたい」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「旦那の帰宅を待ちたいから」(23歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「母親もそうだったし、朝起きたくないから」(27歳女性/情報・IT/形成・コンサルタント系)

家庭での自分の役割に専念したいという女性も。子育てに強い関心を持っている方も多いようです。確かに、子どもの成長を一番に見て、一緒に喜べることは、専業主婦の大きな魅力。ただ、子どもはいつか大きくなるということも忘れてはいけません。また、専業主婦だからと言って、朝寝坊できるかどうかは微妙。家族のために無休無給でがんばる仕事は決して楽ではありません。

結婚生活をどのように送りたいのかによって、理想の働き方は違ってくると言えそうです。ダブルインカムで経済的安定を手に入れるのか、それとも子どもや家族と、心に余裕を持って向き合いたいのか……。結婚前に、きちんと彼とお互いの理想について話し合うことが必要そうですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数299件(22歳〜34歳の働く女性)