再演決定!数々の演劇賞に輝いた三谷幸喜の人気舞台☆「国民の映画」

写真拡大

あなたのおじい様やおばあ様がほんの小さな子供だった頃、日本をはじめ世界中で繰り広げられた大戦。そして、その戦争にたくさんの人々が翻弄された時代には、「映画」も戦争の道具だった・・・。

時代は1941年、第二次世界大戦下のドイツ・ベルリン。国民を操るために「映画」を利用しようと考えたヒトラーは、ナチスに宣伝省という機関を作り、すべての芸術とメディアを監視することに。そのトップである宣伝大臣・ゲッベルズの開いたホームパーティーに集まったのは、政治に翻弄される映画人と、政治に取り憑かれたナチスの高官たち。そこで繰り広げられる虚飾と陰謀のうずまく一夜を描いたのが、三谷幸喜の傑作舞台「国民の映画」。渋谷パルコ劇場40周年記念公演のラストを飾る作品として、2月8日(土)〜3月9日(日)に上演予定!

前回の初演は2011年3月で、東日本大震災のため、中止も検討されたとか。それでも、「こんな時こそ劇場のあかりを絶やしてはならない」という信念を持って上演を続行した結果、読売演劇大賞・最優秀作品賞や紀伊国屋演劇賞など数々の演劇賞に輝きました。なかでも、読売演劇大賞では主役のゲッベルズを演じた小日向文世の最優秀男優賞をはじめ、段田安則(優秀男優賞)、シルビア・グラブ(優秀女優賞)、三谷幸喜(優秀演出家賞)と5冠を達成!

さらに今回は、空軍総司令官・ゲーリング役に渡辺徹さん、新進女優・エルザ役に
AKB48の元メンバー、秋元才加さんが加わり、舞台はより華やかに。豪華出演陣にも
期待できそう!

初演時とはまた違った形で、改めて熱いコールが沸き起こりそう!